シナモン&アーモンドなビスケット

旅先で、または誰かの贈り物に、みやげ屋さんのみやげ物を買ったことはあまりない。だって、うそっぽいものも多いし、みやげってやっぱりその土地の人たちが昔から食べているものだったり、使っているものだったり、庶民のものがおもしろい。

クロアチアのみやげ品のひとつに、ペッパークッキーなるものがある。ちょっとピリッとスパイスが効いている、クロアチア航空でザグレブからドゥブロヴニクへ飛んだりすると機内で出て来る、あれ。さして美味しいわけでも不味いわけでもなく、でもちょっと変わった味だからなんとなく気になっちゃう、そんなクッキー。パッケージには「伝統的なクロアチアのクッキー」と表示されているだけあって、ザグレブのみやげ屋さんにも置いてあるのだが、今も地元の人が日常的に口にするものでもなく、というかみやげ屋以外ではほとんどお目にかかったことはないし、日本の家族や友だちにどうしてもこのクロアチアの味を! というほどでもない。

f0039021_1135169.jpg
f0039021_1141411.jpg
通りがかったスーパーに入った。なにかクッキーが食べたいかも・・・。おっ・・・? Tea biscuitだって。お茶請けってことね。クッキーと書かれるよりもビスケットと書かれると弱いわたし。ビスケットってなんだか子供のころの夢がつまってるようで。それにしても古風なパッケージ。大丈夫かな? ま、ちょっと冒険しちゃお。帰りがけにカフェで一休み。さっそくビスケット、開けちゃう。カフェで持ち込みオーケー、これ、クロアチア流。・・・・・・おー。シナモンたっぷり、アーモンド風味たっぷり、カリッとサクサクッ、これぞ昔ながらのペッパークッキーじゃないの。焼き菓子ってこういうのよねえ。と思わせる、創業1905年のビスケット屋さんKoestlinのビスケット。

帰宅後、彼らのウェブを読んでみると、これ、クロアチアの伝統ビスケットではなく、オランダのビスケットのレシピなんですって。へー。だから風車とかなのね、納得。おみやげに? うーん、ま、どっちでもいいかも(笑)。なんならうちに遊びに来てくださったら、コーヒーと一緒にお出ししますヨ(笑)。

あ、ちなみに今日は独立記念日でまたまた休日でした。街は静かでしたよー。

人気ブログランキングへ → クリックお願いします。
[PR]