こんなカフェがあったなら。

一時間ほどの夜のウォーキングに出かけた。ザグレブのメインストリートから一歩山手のほうに歩き出せば、そこはもう人家もなく「山」。知ってはいたけれどあまり来ることがなかったその界隈の外灯の下をぶらぶら歩いていくと、ちょっとザグレブらしからぬシンプルな内装の、日本にあってもおかしくないようなカフェを見つけた。あいにく手ぶらだったから、また今度行ってみよう。

街を歩けばカフェありき。通りという通りにカフェの花咲くザグレブだけど、ひとぉつ、ちょっと、異邦人としては残念なことがある。カフェにはサンドウィッチなどのフードは一切おいてないから、いたってシンプルメニュー、申し合わせたようにどこもかしこも、エスプレッソ、ミルクコーヒー(カフェオレ)、カプチーノ、ウィンナーコーヒー(クリーム珈琲)、ティーバックの紅茶、ローズヒップティー、オレンジやアップルなどの瓶ジュース、ミネラルウォーター。そしてビールやワイン、ウィスキーなどのアルコール類。たまにフレッシュジュースなんかもあったりするけれど、それはそれはお財布とニラメッコなお値段だったりするからたまらない。

ようするにワンパターンで、いいかげんに厭きて来る。コーヒーをあまり嗜まないわたしとしては、どこでもティーバックか炭酸ミネラルウォーターだから、ほんとーーーに、おもしろくない。

f0039021_21184549.jpg

(ナシゴレン風カレー炒飯。ドラツ市場のザワークラウト入り。旨し。)

いっそ、「和」なカフェなんて開いてみたらどうかなあって、いつも思う。映画の『かもめ食堂』みたいに、最初はお客は誰も来なくて、ようやく来たと思ったら日本かぶれのチョットあやし気なザグレブ大の学生で、アニメなんかが大好きで片言の日本語を話す。メニューはコーヒーのほかには多少ザグレブの人たちに馴染めるようにアレンジした濃いお抹茶に寒天ゼリー、クリームあんみつ、クロアチアのはちみつを使ったハニードリンク、果実のサワードリンク、緑色のクリームソーダ、ほうじ茶とうめぼし、ジャスミン茶。軽食は日替わり、たまごサンド、かっぱ巻きと甘いたまご焼きと冷や奴、目玉焼きのせカレーチャーハン味噌スープつき。他、あれこれフードはめんどくさいから各自持ち込み自由(笑)。で、さりげなーく、カウンターの隅っこには白い招き猫がほほ笑んでる。だけどBGMはボサノヴァにハワイアン、そしてたまにサザンやハナレグミがゆるくかかってたりもする。

なーんて、この街じゃあ異色を放ってておもしろいとおもうんだけどなあ。でも、なかなか新しい文化を取り入れないザグレブで、こんなまったく異国なカフェは・・・・・・・・・そく、閉店ですか(笑)。あ、その前に資金がない・・・か(笑)。


本日のぷち・クロアチア語、スラング編
【ことば】 nema šanse!
【よみ】 ねーま しゃんせ
【いみ】 可能性ゼロっすよ! (no chance!)


人気ブログランキングへ → クリックお願いします。
[PR]