珍しく、かわいいアンティークショップ♪

f0039021_11533195.jpg

市場から家に帰る途中。・・・あれ? なんだかちょっとワクワクな予感。通りから奥まった中庭に面した小さなお店。ウィーンならまだしも南ドイツっぽい重ーいセンスのザグレブで、コレだっ!と思えるお店にであう確率は少ないけれど、すっかり諦めたころに”ぽんっ”とであえたりする。何気なく置かれたお店の入口のテーブルセット、おおー、アンティークなんだー、高いんちゃうんやろか〜? でもちょっと気になるぅ。

「すみませーん」
「はいーーー」
「・・・見てもいいですか?」
「おー、いいともいいとも、ささっ」

奥から出来てた店主のザグレブ人のおじさん、とってもキュートでチャーミング。

「わー、このカップ、どこの?」
「ウィーン、ハンガリー、いろいろあるよ〜。で、お茶飲む? コーヒーがいい? それとも赤ワイン?」
「あ、たぶん、きっとなんにも買わないと思うんだけど・・・」
「いいよいいよ、暑いなあ、ほんま。で、何飲む?」

あははっ、ありがとう。それじゃ、ミネラルウォーターでも。と、それから30分ぐらい、コレ、マイセンのティーカップね、こっちは古伊万里だとか、こんなカップがあったらすてきなんだけどやっぱり飾り物になっちゃうかなあ、もったいなくて使えないなあ。とか、ちょっとキュンキュンなおしゃべりしながら時間がすぎて、

「あ、そうそう、おじさん、ユーゴスラヴィア製のアンティークなんて、やっぱりないよね?」
「ユーゴスラヴィアの? うーん、ないね〜。がらくたぐらいでしょ、あっても」

やっぱりそうなのね〜。
じゃあまた来るねー。

で。
f0039021_1154452.jpg


思わず「かわいい〜〜〜」と持って帰りそうになったのは
すてきなカップじゃなくてこのにわとり風のナポレオン君でした(笑)。
あたま、ぐらぐら前後に揺れて、愛嬌あっておもしろっ。
あ、これ、ペン立てね、羽のペンがほしくなるなあ。

こちらのお店、日本人のお客さん、大歓迎だそうです。
が。
名刺もらったのに、どっか行っちゃった・・・(笑)。
また遊びに行ったら住所、ちゃんと聞いて来ます。

人気ブログランキングへ → クリックお願いします。
[PR]
by adriatic-sea | 2010-07-25 23:18 | ホリダシモノ | Comments(2)
Commented by kattyan62 at 2010-07-26 23:31
アンティークは好きなんだけど、買えないですね。
高山で買ったアンティークの鉄瓶もウエッジウッドのカップなどアイに持たせました。
刀に印籠や根付けなど、みっちゃんと僕が集めた物、全て遺品として配りましたので手元には何も残していません。 今は100円ショップで買ったお椀で、良いものは息子に残しましたし、まったく空っぽです。
良いカップでお茶を飲むと心が豊かになるね。
Commented by adriatic-sea at 2010-07-27 03:09
*かっちゃん

みっちゃんもアンティークが好きだったんですね。
高山の骨董屋さん、わたしも行きましたよ〜。
根付けとかも好き好き。
ザグレブには本当のアンティーク市がないのが残念。
(しょぼいのがあるにはあるんですが・・・)

カップ、ちょっとこころ揺れ動きました(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード