で、ヴェゲタってこんなの。

クロアチアの家庭には必ずといっていいほどの確率で置いてあるスープの素、ヴェゲタ(Vegeta)くんですが、そういえばコレがいったいどういうものなのかブログに載せたことなかったなあと、今さらながら思い立つ(笑)。

で、こんなカンジ。

f0039021_182482.jpg


原材料は、塩、砂糖、黒こしょう、酵母エキスに30%の乾燥ニンジン、パセリ、ネギ、じゃがいも、セロリ、パプリカ、にんにく、リークなどだそうで、味はなんていうか、塩ベースの洋風野菜スープ。わかりやすくいうと、サッポロ一番塩ラーメンのあの味を洋風にしたような・・・かな? わりとあっさりしているのでスープにはもちろん、オムレツやシチュー、グリルチキンやハンバーグの下味など洋食全般、それプラス中華の隠し味にもグー。ただし、和風にはやっぱりチョット、ムリがあるかも。焼うどんや親子丼はまだぎりぎり微妙にセーフ圏ですが、お味噌汁にするにはハーブの風味がかなりミスマッチでNG(すでにやってみた。笑)。だけど、クロアチアのヒトたちにヴェゲタ出汁のお味噌汁を作ったところ、ぜんっぜん問題ありませんでしたけどね(笑)。っていうか、ここのヒトたちが和風のなんたるかを知らないからOKってはなしですが。

クロアチア以外では旧ユーゴ圏全域とオーストリアなど近辺の国、アメリカで売ってます。日本では? 売ってみようかな?  けっこう売れるかも(笑)。

追記:ヴェゲタにはこの野菜スープの素だけではなく、チキンスープ、ビーフコンソメ、ナチュラルなど約10種類ほどありますー。書くの忘れちった。

人気ブログランキングへ → クリックお願いします。
[PR]