秘密の花園 

f0039021_14572547.jpg


f0039021_14581927.jpg


f0039021_1459513.jpg


f0039021_1502616.jpg


なんちって。

近所にある1889年開園の小さなザグレブ植物園です。
こんなヨーロッパ風のすてきな入口の門。その上部には・・・
f0039021_20323990.jpg


どこかアジアちっくな鳥居かと思わせるような、
ちぐはぐ木造建築物がまたしても脱帽テイスト(笑)。
付け足さなきゃよかったのにと思うのはワタシがアジア人だからでしょうか。
f0039021_20422186.jpg


門からしてすでにそんな不思議ワールドを匂わせる植物園の園内。
美しい庭園がたくさんある日本とは規模からなにから比べ物になりませんが、
ヨーロッパらしいバラ園、熱帯からアジアな竹林、蓮の花、
さらにはアジアちっくな橋がかかった池まであり、
たまーに行くとやっぱりほっこりします(笑)。

f0039021_15101484.jpg


f0039021_1511292.jpg


f0039021_15125786.jpg


f0039021_1592747.jpg


でもあまりにも近すぎるが故に、やっぱりほとんど行きません(笑)。
しかもザグレブで暮らしはじめた頃にザグレブ出身の知人に
「とても美しいからぜひ行ってらっしゃい」と言われ、
そんなに美しいならと心躍らせながら行ったものの、
季節的なことや、植物園=京都の北区のあのイメージと、
こちらの期待が大きすぎたのとであまりにも寂れて美しくともなんともなく、
失望に打ちひしがれながら後にしたというトラウマがあったりします(笑)。

なのですが、たまたま通りかかったその日は偶然にも門が開いていたので、
失望しない程度に軽くお散歩してみているとけっこう美しく見えて、
やっぱりもっと頻繁に来てもいいかなと思えたりもします(笑)。

f0039021_1511922.jpg


f0039021_1522847.jpg


f0039021_158411.jpg


そして今回しつこいほどに入っている写真の透かし文字(watermark)ですが、
なにがなんでも自己主張したい!とかそういうことではなくて(笑)、
こういうふうに文字を入れることでオモシロくないシャシンも
チョットおしゃれなポスター風に変身しますよ、っという裏技でした(笑)。

f0039021_15133166.jpg


f0039021_15164214.jpg


f0039021_1517164.jpg


そして楽園を一歩外の世界に戻ると、
なぜかそこには誰一人として歩いていないかったりもします(笑)。
いちおう、街の中心部なんですけどね。

f0039021_1514189.jpg


まとめ。

なんだかんだ言っても春には桜も咲いていたりと、
クロアチア国内でもなかなのよき植物園です。


人気ブログランキングへ
↑クリック、ヨロシクお願いします。

[PR]