今さらながら・・・地図。

日本のように縦に細長ーいクロアチアですが、もしかすると欧州内でも、そしてクロアチア国内もまだまだ位置的にわかりにくいのかもしれません。ということに今さらながら気がつきました(おそっ!笑)。←viespaさんの前回のコメントに反省して、もちっとブログを親切に(笑)。そこでちょっとここいらで久しぶりに、地図。

まずはじめに。クロアチアは東南アジアでもアフリカでもなく(数年前に京都でタクシーの運転手さんに言われた)、ブーツの形のイタリアのふくらはぎの反対側にあります。

ちょっと見にくいですが。中欧の地図。
f0039021_11202311.jpg

水色のアンダーラインがザグレブ、クロアチア。海に沿って東西南北、十字架のように細長い、と覚えると簡単かも。


次はヨーロッパ全体から見たクロアチア。
f0039021_11214449.jpg

はい、まだEU内には入れてもらえていません(笑)。いろいろと近隣国との関係(いじめ)がややこしいのデス。


こちらはクロアチア国内の地図。
f0039021_1120517.jpg

ザグレブはかなり内地です。昨日載せたオパティヤは地図左にあるRijeka(リイェカ)のすぐ左隣あたりだと思ってください。高速で約2時間。


そしておもしろいのがコレ。
f0039021_11221169.jpg

中世のヨーロッパの地図ですが、ここには隠された現在のクロアチア文化に関わる重要な文化的ポイントが。それはこの後最後まで読むとわかります。

まずこの地図を見ると、クロアチア国内でなぜ建築&街並、方言、などの文化がちがうのかがわかってきます。オーストリア、ハンガリー、ハプスブルグ家の統治下だった現在のクロアチアの首都ザグレブは、街並はもちろん、食文化でもザグレブ風シュニッツェル(ビーフカツ)、ケーキや珈琲はクリームたっぷりのウィーン風が主流。方言も服装もそちらの流れを含んでいます。

そして南部のスプリットやドゥブロブニクはベネチア共和国の統治下だったため、いまでもイタリア色が強く残り、食事もシーフードリゾットやパスタ、ピザなどイタリアンがベース。特にスプリットでは珈琲はエスプレッソ系が美味しく、ウィンナー珈琲はクリームに腰がなくイマイチ。スプリットの方言もイタリア語から来ているものが多く、挨拶にはチャオ!が飛び交いとにかく明るい。暗いスプリットの人って知らないかも(いるでしょうけどね)。

さて、ここで本日の地図から学ぶクロアチア文化の重要ポイントです。学生さんは試験に出ますヨ。ザグレブはどうも「それ」が東京的。江戸っ子の下町的なのではなく、現在のドライな感じ。そしてイタリア系なスプリットでは、特に年配の人たちに至っては「それ」 は不可欠、滅多切りです。

はい、もう説明するまでもないですね。「それ」=「お笑いのセンス」です(試験には出ません。笑)。スプリットに行くと、いつも涙が止まりません。笑いすぎてうれしすぎて。みんな、突っ込んで突っ込んで突っ込みまくり。吉本かと思います。で、同じことをザグレブですると「あらやだ、なにこの人、お下品だわ・・・」と冷たーい視線が飛んできまっせー(実に東京ー大阪的)。そんなザグレブに3年、おかげでもうボケ方とかすっかり忘れてしまった悲しい関西人ひとり、是にアリ。


ということで今日はこの辺で。簡単にサクッとクロアチアの地図コーナーでした。(???笑)


(地図はすべてネットから拝借。どこで拾ったのかは忘れちゃいました。失礼。)



人気ブログランキングへ
↑ クリック、ありがとう♪

[PR]
by adriatic-sea | 2011-01-17 11:45 | 旅のいんふぉ | Comments(14)
Commented by tamarind-cafe at 2011-01-17 13:28
ラストの一考察、面白うございました(笑)。
ブログを拝見しててもそのあたりの雰囲気はよく出ていて、
私はいつも陽気で美味しいものの多そうな南部地方のファンです。
こないだのオパティヤもすぐにグーグルマップで位置確認。
興味があるとすぐに地図を見るのは、私の場合身についた習慣(笑)。
塩野七生さんの小説などを読むと、添付の地図はしっかりスプリット、
ドゥブロブニクがヴェネツィア共和国になってるし、船も我が物顔で寄航しとりますな。
やっぱり好きかも、ウィンナコーヒーよりカプチーノ(笑)。

Commented by kattyan62 at 2011-01-17 16:02
およよ、僕が思ってたのはイタリアの西側やってん。お粗末な地理知識なりや。これではっきりしたわ。ありがとう。
此処は浜松ザグレブ。住んでみると、[それ]が通じなくて退屈します。スプリット関西圏に引っ越したいわ〜
Commented by Vavi at 2011-01-18 01:19 x
ザグレブ=東京的、スプリット=大阪ちゅうか関西的、なんやね?
ほな、名古屋的な所もあるきゃもよ?一辺、調べてちょー!

お笑いの感覚も違えば、アホと馬鹿の使い方も違うし、食べる物の好みもちゃうわな~
おにぎりに巻く海苔も関東は焼海苔、関西は味付け海苔・・・・
その境界が三重県の亀山らしいですわ!

たぬきうどんと言えば・・・・東京では揚げ玉が入ってます(関西でいう天かす)。
大阪で、たぬきは刻んだ油あげが入ってます。
京都で、たぬきはトロリとしたあんかけうどんにオロシ生姜やし・・・・

アホと馬鹿の文化圏の間に、名古屋のタワケ文化圏があって・・・・「たわけ」「ドたわけ」「クソたわけ」と三段階になっておりまして・・・・
Commented by Vavi at 2011-01-18 01:19 x
続き
「きしめん」などという腰のない麺類があるかと思えば、「味噌煮込み」なる、全く他の地方の人が食べたら
「なんじゃ、これは?しっかり湯がかなうどんに芯が残っとるでぇ!」というくらいカチカチのものがあったり・・・・。
何でもかんでも、八丁味噌で味付けしてしもたり・・・・
トンカツにまで味噌だれじゃ!あの甘辛いタレだけはあかんわ!
名古屋と大阪の中間くらいの、我が町、津市ではトンカツにはソースと味噌タレと両方付いて来るという、いわば国境の町ですわ!
そう言えば・・・・最近、わしがお気に入りのうどん屋さんの
「味噌煮込み」は赤味噌ベースと白味噌ベースの二種類があるし。そこの白味噌ベースに、はまっとるわい!

って、何の話やったかいな?
おぉ、ザグレブ・・・・なかなか行けないクロアチア。
それどころか、日本から一歩も踏み出せない情けなさ・・・・

最近、カメラが妙に重く感じる運動不足・・・・熊野の山奥で足首の筋を傷めて、ビッコ引いて歩いてます。
Commented by viespa at 2011-01-18 06:39
おおお、こんなに詳しく書いて頂いて、ありがとうございます!クロアチアについてまたひとつ学びました。(^_^)
食べ物に関して言うとわたしは魚介が大好きなので、やっぱりスプリットかな〜と思ってしまいましたが、ケーキも好きなのでザグレブも捨てがたい、、、迷。
建物や風景などの感じもそれぞれ違った魅力があるんでしょうね。

クロアチアも南に行くとガハハと大笑いして陽気な人が多いんですか〜。
落ち込んだりしたりお腹がよじれるほど大笑いしたい時は、迷わず南に行くしかないですね!笑
スペインもそうですが、多分日本でイメージされてるスペイン人って全般的にみーんな陽気で人懐っこくて、そしてアバウト!って感じみたいですがそうでもないんですよ〜。
やっぱり南に行くと、ガハハ!だけど、北に行くとおとなしかったりマジメな感じだったりと。たしかに日本人と比べると
ガハハ度(笑)はあきらかに高いかもしれませんが。
あ、そういえば以前 chika さんのお友達のスペイン人は 静かな感じの方だと書かれてましたが、もしかしたら北部出身の方だったりして?
Commented by adriatic-sea at 2011-01-19 09:00
*おやびん。

どもども♪
最近ブログちょっとマンネリ化して来たからね。(笑)

そうなんよね〜、うちもやっぱり南のノリが好きです。
愉快に暮らしたい。
クロアチアではやっぱりスプリットがお笑いセンスナンバー1だすっ。
ドゥブロブニクはまた別物。イマイチ。この辺の背景もおもしろい。
Commented by adriatic-sea at 2011-01-19 09:02
*かっちゃん。

かっちゃんもほんまにザグレブの関西人ですね〜(^^)。
やっぱり水の合う土地が一番☆なんだけど・・・。
さっき動画で偶然大阪弁を聞いて、ほ〜〜っとしました。
関西弁バンザイ!
Commented by adriatic-sea at 2011-01-19 09:12
*博士。

わははっ、久しぶりにvavi節、炸裂!
三重県ってあんまり知らないのでおもしろいです。
思い浮かぶのは楠田枝里子さんと伊勢志摩の真珠ぐらいですかね。(笑)

実は名古屋文化もほとんど知らないんですヨ。
味噌煮込みとかミソカツとか食べたことない・・・。
なんか色的に既に味がめっちゃ濃そうで。
でも白みそなら美味しそう☆
博士、ブログでもいつも美味しそうな食事ですなあ〜。

大阪のけ(き)つねうどんとたぬきうどんのちがいは???
切ったおあげか四角いのかですかね?
京都のあんかけうどん、美味しいですよ〜〜♪大好き。夏でも食べたい(笑)。
Commented by adriatic-sea at 2011-01-19 09:15
*博士、続き。

>熊野の山奥で足首の筋を傷めて、ビッコ引いて歩いてます。

あらら〜〜〜。大変。
しっかり直さないとあとあと響きまっせ〜。
整体とかできっちり治してくださいね。
わたしも足首捻挫、それで治しましたヨ。
Commented by adriatic-sea at 2011-01-19 09:27
*viespaさん。

いえいえ、どういたしまして〜(^^)。
こちらこそ、改めてアップできたのでよかったです。

わたしも魚介派(笑)です。
ザグレブでもお魚料理はおいしいですよ。
魚市場もスプリットよりはザグレブの方が品揃えもクオリティーも上。
その代わり値段も・・・ですが(笑)。
でも数的にはシーフードレストランはスプリットの方がやっぱり多いかも。

建物も全然ちがいますよ。ザグレブとオパティヤはオーストリアの、
スプリットや北イタリアに近いイストラ地方はまるでイタリアのどこかの街ですな。
そしてハンガリーに近いところはやっぱりそういう感じの街並と食文化。
おもしろいといえばおもしろい国です。

あ、そうそう、その知人のスペイン人はカタルーニャだった気がします。
毎日コツコツタイプ。冗談も聞いたことなかったですね。
おおっ、謎が解けました。(笑)
Commented by 4090 at 2011-01-19 13:34 x
私も、笑いたいです。こころの底から。
いつしか、
現実が、ひどいので、笑えなくなっています。
怖くて、怖くて、笑えません。

いいなぁ。
笑いたい。安らぎたいです。
前回の、写真、素適ですね。
クロアチア、ゆきたかった。
わらわは、いつか、笑えるだろうか?
クロアチア、ゆけるだろうか?

平和に成れるように、がんばります。
Commented by adriatic-sea at 2011-01-19 22:36
*4090さん。

はい、笑えるようになるといいですね☆
笑えるよ、きっと。
Commented by exmouthcoco at 2011-01-22 07:02
chikaさん、こんばんは!
ブログにコメントをありがとうございました。^^

クロアチア…以前、両親が旅で訪れて、ものすごくいい所だったと言っていたのを思い出します。私のほうは縁がなくて、実際、クロアチアの歴史や周辺諸国のことも知らないことが多くて、とても参考になりました。

海に面した所が多くていいですね~~。本当、お魚もおいしそう!
(↑ブレクもおいしそうでした。作り方もすご~い。)

どこの国でも南の方に住む人は陽気ですね。何でだろう?
はい、北フランス在住です。心は南に飛んで行きたいんですけどねー。

またお邪魔させていただきます。
Commented by adriatic-sea at 2011-01-23 06:11
*exmouthcocoさん。

こんにちは〜♪
ここ数年のクロアチアは日本の壮年組ツアー客で溢れてます。(^^)
海や自然がほんとにきれいな国ですよ。
フランスとはまたちがった素朴な雰囲気がいいのかも。
わたしは南フランスもよかったですが、
なぜかノルマンディーが直球ど真ん中でした☆
また行きたい〜。(^^)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード