そして、辿り着けない。

自転車屋とシフォンケーキの型と鉄のフライパン。この3つになかなか辿り着けない。

自転車を注文してから早数週間。それに合せるかのようにとにかく天気が悪い。零下が続き、今も雪が舞う。しかし昨日、意を決して防寒フル装備で自転車屋に向うも、やっぱり途中で冬将軍に負け、あえなく撤退。ほんまにめっちゃ寒くて鼻水が凍りそうやったん。ああ。このままだと今週もムリかも。

f0039021_130214.jpg

(疑問だった毛皮の必要性に納得。
追記、いいかよくないかは別として)


そこで避難がてらにイェラチッチ広場そばの店を数軒回って暖をとり、テフロンでは「ない」フライパンとシフォンケーキの型に「なりそうなもの」を探す。はいそうです、こっちではシフォンケーキ自体も見たことないし、みんな知らない。なので型なんて売ってない。そこで「これなら?」と思えたテフロンのクーゲル(クグロフ)型を購入し代用してみた。

f0039021_4315251.jpg
ああ・・・思いっきり、ボツ。底切り離せないし、がっつりこびりついた生地はスポンジじゃなかなか洗い落とせない・・・。アホやな自分。真ん中の芯があればええってもんじゃなかろうて。けっきょく降り出しに戻る。っていうか、楽天で買っちゃえ。おかんに送ってもらお。それがムダのない解決法だよね。もう。

さて、フライパン。テフロンがもうダメになった&次はやっぱり鉄がよろしいかと。でもなかなか売ってない。市内でレストランを経営する知人たちに聞いても「うちはテフロン」・・・うーむ。で、ドイツのTURKの鉄フライパンも魅力的なんだけど、とりあえずフランスのデバイヤー(De buyer)に連絡し、スロヴェニアを経由してザグレブのとり扱い店、探し当てましたがな。が、ちょっと遠いので、また時間のある時に(なんか、すでにおそろしく高額な予感。日本だったら安売りサイトとかあるのにね〜)。

そこで、とりあえず、白いフライパンって新鮮!な、Monetaというイタリア製のセラミックコートのものにしてみた。セラミックって思ったよりも使いやすく、パール加工みたいなキラキラがキュートで料理がまた楽しくなった。やっぱり道具って大切。

f0039021_1425483.jpg


クロアチアの生活での最大の難点のひとつは、コレだ!と思うものがなかなか手に入らない。なにかそれなりのものをと思うと、どうしてもイタリア製、フランス製、ドイツ製になっちゃうんだよねー。ゆえにいずれ破産しそう。


f0039021_137553.jpg

(こんな時はアイスクリーム。ああ苺が恋しい。ってわけでストロベリーアイス。)



人気ブログランキングへ
そろそろ春よ来いよ〜↑ クリック、ありがとう♪

[PR]
by adriatic-sea | 2011-03-03 02:07 | きょうのこと