幸せの瞬間。

f0039021_6175916.jpg


日曜の午後は友人の結婚式でした。
30半ばのイカツいオッサン新郎君(友人)のもとに
お嫁に来たAちゃんは25歳のピカピカ天使。
このゴリオッサンのどこが気に入ったのか・・・と、
うちら友人たちはみな本気半分冗談半分、
だけど彼といる時のAちゃんはいつもガハガハ笑っていて幸せそう。
オッサン、泣かせたらアカンでー。

かんかん照りの午後1時にはじまったガーデンウェディングは
笑いあり、そして笑い、またしても笑い、
コメディー映画かっての!ってカンジで、
とても彼ららしい新しい人生の幕開けでした。
どうぞステキな家庭を築いてください。

(それにしても式の途中、暑かったのなんのって。
扇子を忘れて大変デシタ)


そしてウェディングの後は別の会場にて夜通しのパーティー。
ハッピーエネルギーが渦巻くのは長ければ長いほどといいね。
といってもこの国では2〜3日ぶっ通しでお祝いするのがふつうで
めでたく夫と妻になったこの友人たちのパーティーなんて短すぎるくらい。
わたしと右衛門さんは夕方ぐらいには帰宅しました。
というのも、たばこの煙りの中にいるとねー、くしゃみが止まらなくなります、ワタシ。

(右衛門さんについて。ってのも大袈裟ですが、
これまでのように同居人と記すのはちょっとかわいそうだワと思ったので、
一番似ているドラえもんから右衛門さんと呼ぶことに。笑)


で、ここまで書いてふと思ったんだけど、
日本の今の若者って、芸能人に多いからなのか、デキ婚とかよく聞きますが、
こっちではあまり聞かないかも。
「妊娠したから」結婚じゃなくて、妊娠してもそれはそれ、
そのままガールフレンド&ボーイフレンドとして家庭を築くパターンは
他のヨーロッパの国々と変わらない。
いろんな視点が保守的すぎるぐらい保守なのに、
そのあたりはあまり保守的じゃないのがおもしろい。




さて、
先週一週間、
ランダムに更新し続けたブログ週間は
これにてとりあえずオワリです。

次回は食べ物週間とか、街角週間とか、
テーマを決めてやってみるのもおもしろいかも。
リクエストもどーぞ☆
(できるかどうか保証ナシですけど・笑)



人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
by adriatic-sea | 2011-07-11 07:05 | きょうのこと | Comments(6)
Commented by kattyan62 at 2011-07-11 10:22
ガーデンウェディングって良いねぇ〜 ご近所への報告にもなるしさ。
30半ばで25歳の花嫁さん、理想的じゃないの? 男が若すぎるとさ、思慮深さも持てず、収入にもさ。自分のことだけどね。
日本の爺さんがおめでとうって言ってたと伝えてくださいね。この幸せもんともね。
Commented at 2011-07-11 21:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by photographerasuha at 2011-07-11 23:05
ブログ強化週間、お疲れさまでした〜!。
いつもとはチョイと違う写真で楽しめました。

ヴィルフランシュ、そのとおりです。
ニースからバスだと、モナコ方面に10分少々でしょうか。
ひと山越えて、すぐお隣の町です。

カワイイ町並み、お花もたくさん咲いてて、明るい光が美しいトコロです。
チャンスがあれば、是非!。
Commented by adriatic-sea at 2011-07-13 08:07
*かっちゃん。

23〜25歳って、
少女でもなく、かといって甘いも酸いも知ったスレた女(笑)でもなく、
結婚するにはちょうどいいかもと思いました。

Commented by adriatic-sea at 2011-07-13 08:09
*鍵コメさん。

おおおーーーっ、そんなことが。
波瀾万丈では現し切れない鍵コメさんの人生。
親にとって子供っていくつになっても心配の種なんですね。
うちの親を見ていてもそう思いますもん。

Commented by adriatic-sea at 2011-07-13 08:12
*明日葉さん。

ブログ週間、ネタがつきたかも?(笑)
ともあれ、いつもコメントどうもありがとうございました♪

ニースの周辺、
今度はじっくりとスローに旅してみたいですね。
曇り空でも海の色がきれいだったのが印象的。
はじめえのフランスはなかなかおもしろかったです♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード