100のメール、と一枚

f0039021_1018357.jpg


パラパラと温かい雨
ひとつひとつの窓の灯りに物語


こんな日は窓のそばで
お茶でも飲みながら

空想しようか
本を読もうか
あの人に手紙を書こうか


インターネットで読む、見る、
紙になった本を手にとって読む、見る、

やっぱりちがうなあ

そこにある、という実在感、というか
紙のにおい、というかぬくもり、というか
そこにあるのは手にふれられる心やね



100のメールと、一枚の手紙、



きゅんっと心に響くのは
癖のある文字が並んだ

一枚の便箋かな




[PR]
by adriatic-sea | 2006-06-15 10:41 | 変哲のないふぉとぐらふ | Comments(18)
Commented by Tamarind-Cafe at 2006-06-15 15:27
自分の字をフォントにしてくれるのあるらしいよ(笑)。
でも画像にして送らないと、相手が読めないにゃ。

ちからく師匠も前に言ってたけど、ワタシもたま~に字を書こうとすると、
指が動かんちうか、変!。ますます字が下手、いやクセのある字に~(>_<)。
漢字もめっちゃ忘れてるし、修正グッズなしにはやってられんの。
ど~すりゃええの~さ。あ~、お天気悪くてアタマがドヨヨンな本日。
Commented by cecile0823 at 2006-06-15 15:36
雨降りでも、優しいオレンジ色のライトとお茶とクッキーの何気ない夕暮れ時、
いい雰囲気ですね。

最近お手紙を書いたり、もらったりすることが減ってしまいましたが、
その人独特の文字って温かみがありますよね。
送る人の事を考えて便箋と封筒を選んで、間違わないように言葉を選びながら書き綴る。
切手も季節のものを選んだり、その人の好きなジャンルのものを張ったり。
メールだったら送信ボタン一本で行ってしまうチョーベンリなシステムですが、ポストに届けたり面倒だけれど、味のある肉筆のお手紙には相手への気遣いがありますよね。

郵便配達の方も貴重品を手にしたように肉筆の手紙を運ぶそうです。
(glassroomさんのエントリー記事より)

1枚の便箋、ずっと重みがありますね。


Commented by MAKI at 2006-06-15 17:32 x
優しい写真、、、こんな雨降りやったら2~3日続いてもいいですねえ。
お手紙、お便り、肉筆のをもらったら頭の斜め上にドーーーンと乗っかりますね。 あーーもろてもた。。。 笑
手紙が苦手な私はほとんど紙面が絵ばかり、文字ちょっとの返事になります。 元気なことと、食べること。
Commented by 4090 at 2006-06-15 17:38 x
私は、手紙が好きですが、字がへたなので、文が短いときは、
絵はがきを便箋にして紙芝居方式で、ごまかしています。
Commented by akberlin at 2006-06-15 19:25
手紙、いいですねぇ。
最近、手軽だからとメールばっかりになっちゃって、
この人、どんな字をかくんだろ、なんて思っても知らない人が多いな。
その人の字って個性がでるし、手書きの文字って良いですよね。
(字は下手でもいいんだ、個性!と自分に言い聞かす・・・。)

せめてカードくらい、手で書きたい。
絵はがき一枚でも。
・・・と、最近よく思います。

ところでクロアチア、日曜日は4時間以上かけて
ニュルンベルクまで行ってくるんだ、手加減してくれよ・・・。

ポチ。
押しときました~。
Commented by nanatea at 2006-06-16 04:30
私も、自分が書いたものを見て、赤面すること(特に日本語)が多いです。 タイプしてキレイな字を書いたような気分(笑)になっているのは幻想やってばって言い聞かせてます。 イギリスはわりとカードのやり取りが多くて、結構もらうんですが、もう個性的すぎて何がかいてあるのか読めない人とかいるんですくわれてます(笑)

Commented by whitewaterlily at 2006-06-16 10:02
わたしはもともとアナログ派なので、手紙を書くことも多いのですが、最近は、メールに頼ってしまっていけませんね・・・反省。
綴る文字が伝えてくれる暖かい心、好きなんです。
手紙が書きたくなりました。
Commented by aricom at 2006-06-16 11:56
初めまして、クロアチアとかユーゴスラヴィアは昔読んだマンガ「石の花」で興味を持っていました(連載時から読んでいました)。内戦で知人が何人か取材に行きましたが、自分自身は中々縁遠くまだ訪れていません。今年は無理ですが2年以内に訪れたいと思っている憧れの国です。昔は頻繁に手紙を出していました。そこから芽生えた恋もありましたが、最近は字を書くという行為自体が数えられるほどです。日本の企業も新入社員に字を書く・読むなど研修で国語から教えています(機械操作のマニュアル等が読めなくなっている)。相談も想談と書いたり、それ以前に読めない人も多くすごい事になっているようです。また遊びに来ま~す♪
Commented by はや at 2006-06-16 20:39 x
留学して一年間は部屋にネットがなかったのでよく手紙を書いていました。何か思いを伝えたいときは誰かに手紙を書くしかない、そんな状況でしたから。
今はネットにすっかり頼ってしまって、現実世界では筆不精です。
手紙を書くのは、時々です。
それはやっぱり寂しいことかな、と。
Commented by adriatic-sea at 2006-06-20 03:48
■おやび~んびん。

>自分の字をフォントにしてくれるのあるらしいよ

おお~、知ってます、知ってます。
今もまだあるのかは知らないけど。

おやびん、意外と丸字やねんね~。(笑)
なんか高校時代を思い出すわ~。
うちは小学生並やな~・・・。しかも2年生ぐらいね。
やっぱり漢字は角ばっている分、書きにくいかも、と思う今日この頃。
Commented by adriatic-sea at 2006-06-20 03:51
■セシルさん。

そう~、そうなんですよ。
おっしゃるとおり、「手紙」って、どんな紙にしようか、とか、
相手を思いながらのものですもんね。
そういう心のゆとり、他人に対する愛情、気遣い、思いやり、
大切にしたいですよね。

そうか~、郵便屋さんもそうなんですね。
なるほど~。
いくらコンピュータやらなんやらと便利になっても、
やっぱり基本は人と人。それですね。
Commented by adriatic-sea at 2006-06-20 03:54
■Makiさん。

>あーーもろてもた。。。

わはは~。ほんまですね♪
Makiさんの絵も、葉書や便箋に送られてきたら、
やっぱりインターネットで拝見するのとは比べられないはず。

おもしろいですね~。
Commented by adriatic-sea at 2006-06-20 04:07
■ななや~ん。

>タイプしてキレイな字を書いたような気分

ぷぷぷっ。私もやわ~。
ほんまやね~、タイプは自分の字じゃないですよね。

アメリカなら大体想像つきますが、
イギリスの人って、どんなことをカードに書くんだろう。
Commented by adriatic-sea at 2006-06-20 04:11
りりーさん。

アナログ派、私もなんですよ(笑)。
私も手紙って、ここ何年も書いていないなあ。
大体、コンピュータなしで漢字がちゃんと書けるのか・・・(汗)。
それがモンダイだっ。あ、いや、それだけじゃないですけど。(笑)

>綴る文字が伝えてくれる暖かい心、好きなんです。

そうなんですよね。やはりこれは手紙、手書き、じゃないと伝わらない。
しかも、日本語を手書きで読むことがないので、
それもジーンッときます。
Commented by adriatic-sea at 2006-06-20 04:11
■べるりんりんさん。

おお~、サッカー、どうでした???
白熱してたんやろね~。

私も古い付き合いの友達からもらった手紙で
「へ~、こんな字、書かはんねんや~」
と、なんだか意外というか、初めて会った人みたいな、
不思議な気分になったことがあります。

もちろん、癖があるからひとりひとり、おもしろい!
(私、すっごいヘタッピーな字ですねん。笑)

ポチッ、どうもありまと~♪
Commented by adriatic-sea at 2006-06-20 04:19
■アーリーさん。

初めまして~♪

日本の企業でそんなことを教えなくてはいけないとは・・・。
なんというか、むむむっ。
現在でもうそうだったら、数年後にはどうなっていることやら。
って、私もまったく人のことは言えませんが(笑)。

旧ユーゴには2年内にぜひ行かれる機会があるといいですね~。
まだまだ、いまだにアナログな世界が生きてます。
Commented by adriatic-sea at 2006-06-20 04:21
■はやさん。

おっ、はやさんでも、必要に迫られないと手紙、じゃないんですね。
私はコンピュータがない状況で、ノートに書けといわれたらもう~、大変です。なにから書いていいのかも迷ってしまいます。

手書きを生活の一部に取り戻さないといけないかも・・・。
Commented by adriatic-sea at 2006-06-20 04:23
■4090さん。

絵葉書の紙芝居、おもしろいですね。
そういう手書きのアイデアも楽しい~!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード