カテゴリ:きょうのこと( 105 )

自転車(天気が悪くてまだ取りに行ってない。笑)に引き続き、3年越しの「滑りたい!」を叶えて来ました。

f0039021_1094850.jpg

(画像拝借)

うちから徒歩で15分ほどの、丘の上のシャラタ(Šalata)というスポーツパーク(?)にてクロアチアに来て初スケート。初めの年はスケートという存在をすっかり忘れてて、去年は捻挫、ようやく今年、解禁とあいなりました。

土曜の夜8時半にそこの野外リンク前で、数年前にセルビアから引っ越して来たDちゃんとザグレブッ子のD君と待ち合わせ。入場料と貸し靴で20クナ(約310円)。お手頃価格でええんでない〜。子供のころに地元のスケート場に行ったのを思い出しつつ、靴を借りる。「身分証明署と引き換えっす」・・・しまった!ここは苦労逢地阿(今回はこっちの表記で)、そう来たか〜。盗難防止ってことね。と気づくも遅し、持って来てないし。そこで、こころ優しきDちゃんが彼女ので借りてくれた(D&Dコンビはマイ・スケート靴。いいな〜)。

いざ、10年ぶりに立つ氷の上。おっかなびっくり、リンクの四分の一も滑ったらもう疲れて足がまったく動かない。その後何周かするうちに感覚も戻り、なんとか2周ほど休まずに滑ることができたものの、どんだけ運動不足。っていうか、スケートって、ふだん使わないような足の筋肉使うのね。

それでもスケートが好き。とにかく好き。へたくそでもなんでもいいねんね。氷の上ってだけで、おっとっと、転びそうになりながらも、滑ってるってコトがとにかく楽しくて、すっかり頭の中では高橋の大輔くん(笑)か、安藤のミキちゃんか。そんな妄想もまた楽しっ。来週もまたD&Dコンビと行っちゃうもんね。むふふっ。


がしかし。


土曜の夜なんて行くもんじゃありません。いわゆるスケートがうまいから”いちびっちゃってる”(標準語でなんていうのかわかりません・・・)クソガキ君たちが多すぎる。フルスピードでリンクを逆行したり追いかけあったり、傍若無人三昧。この同じシャラタでのビデオ↓をもっと自己チュウで5〜6人に増やした感じ。



今夜も誰かに後ろから突き飛ばされて腕を折ったらしい犠牲者が出てて、こわーっ。押したヒトは知らん顔でどっか行っちゃったし。監視員とかおらんのかいー。あ、いたいた。あ、こりゃあかん、同じような若いにーちゃん・・・。自由でいいけど、自己責任だけど、このあたりがクロアチアがクロアチアである由縁かもね(いまいち言ってる本人もよくわからないコメント)。


☆本日のぷち・クロアチア語☆
【ことば】Klizanje
【よみ】くりざにぇ
【意味】スケート

【ことば】klizalište
【よみ】くりざりしゅて
【意味】スケート場

【ことば】Klizanje na Šalati(ŠalataはŠalatiに変化)
【よみ】くりざにぇ な しゃらてぃ
【意味】シャラタでスケートは命がけ




人気ブログランキングへ
↑ クリック、ありがとう♪

[PR]
このブログや裏ブログなどのサイドメニューにあるメールフォームからわたしへ直接連絡をしていただけますが、その機能に不具合があったようで、先月の1月から頂いた分を一昨日発見しました。あー、びっくりした・・・。お仕事のご依頼、お急ぎの問い合わせ、そのほかの普通便など、お返事ができなくてすみませんでした。普通便の方はお返事、もうしばらくお待ちくださいませ。
[PR]
「呉呂茶」
「克羅地亜」

なんてのが「クロアチア」の漢字表記らしい。
が。なーんかしっくりこないのよねえ。
で。ちょっとチョコなんぞ食べながら遊んでみる。

f0039021_2285159.jpg

(クロアチアの定番ミルクチョコ、「お兄ちゃんと妹ちゃん」シリーズ。味もさながらレトロなパッケージもグー。)

f0039021_237363.jpg

(「帝」・・・な割にごくごくふつう。「お兄ちゃんと妹ちゃん」シリーズの方が昔からのチョコの味で美味しいっす。)


久路逢遅或 =ゆっくり行ったら待ち合わせに遅れた =なんでも遅いクロアチアらしい。
苦呂阿地亜 =日本の風呂がない苦痛、やっぱりアジアがよいよね =個人的願望。
口賂逢茶 =口先三寸、賄賂、お茶会 =よくわからないけどなんかそんなイメージ。
黒鴉池蛙 =黒いカラスと池のカエル =しょせんその程度の詩的さなり。

・・・あ、なんかすごいネガティヴ(笑)。じゃ、こんなの。

f0039021_2282799.jpg

(「サッポロ〜」。日本人がこちらの子供にあげるとかなり喜ばれます。で、札幌だしミルクチョコかと思い気や・・・)


宮露亜地逢 =宮殿もなくロシアには及ばないけれど、アジアから会いに来てね。
黒阿智阿 =なんか仏教用語的。読みやすい。
黒亜茶 =美味しそうでこれがいちばん好きかも。

でも本当は故ブルース・リーに「クロォォォ〜〜、アチャーーーッ!」ってやってもらうのがいちばん良かったりして。あ、漢字じゃないか。 

他にもあったらどうぞ〜。(^^)


f0039021_229294.jpg

(お米のポン菓子入り。ふわふわサクサク、軽いチョコ♪ お米=日本=なぜかサッポロ。このネーミングの真相をいつか探ってみたいと思います。)




人気ブログランキングへ
↑ クリック、ありがとう♪

[PR]
まいど。

ぼけーっとしてたらすでに
2月も大分と過ぎてしまいました。

で、久しぶりのブログにコレってのもアレなんですが(なんなんだ・・・)、
今回は自分のことではないのでスルーしようかと思いましたが、
ブログなどをしているとホント、こういうことをよく耳にするし、
数日前にもまたそう言うイケナイ的ブログを見ちゃったので、
独り言として書いておくことにします。

ネットで公にブログを公開されている方々に、
チョット念頭に置いておいてほしいことがあります。

残念ながらネットで公開したもの、
ブログやホームページ、
その内容が他人によって簡単に盗作されることがあります。
画像、文章がまったくの別人によって、別のブログに、
すっかりその人の体験談として丸写しで掲載されることも、
珍しくはありません。

当然そういうことをされた方は、ショックを受け、傷ついてしまう。
文章でも写真でも、そこには筆者の思いがこめられているから。
そしてそれを癒す労力も強いられる。
また、ブログを止めてしまうこともある。

その場合、どちらが本家なのかというのは、
残念ながらそれほど明確にならなず、
盗作する方は元々厚顔無恥なので、
本家から抗議されても屁とも思わないこともあります。
悪びれない常習者だったりもします。

そしてこういう行為がなくなることはありません。
その人がやめても、また別の人がするかもしれないし、
同じ人がまた別のブログでするかもしれない。
他人を制することはできない。

だから、書く方が、
そういうことがあるということを念頭に置きながら、
だけど楽しみながらブログを続けていければと思います。


さー、次はいつも通りのブログです。



人気ブログランキングへ
↑ クリック、ありがとう♪

[PR]
本日のお題は、【ザグレブのケーキ屋事情 Up to Date(最新情報)】。と思ったのですが、やっぱりボツ。書きはじめたら意外と膨らんで、なのに写真やら店舗情報やら書く材料がまったく足りません。なので、それはまた別の機会に。


そこで今回はサクサクッと、先週焼いたケーキのお話デス。


あまおうやらなんやら美味しい苺が出回っている真冬の日本ですが、やっぱり真冬に苺狩りだなんて遠い夢の国のお話。この時期のザグレブでは冷凍苺は売っていても、生の苺などありゃしません。だってここでの苺の季節は春から初夏ですから。むかしは日本もそうだったと記憶してますが。

f0039021_13542788.jpg



で。THEマケドニア・闇・コネクション。

クロアチアの南東に位置するマケドニア。クロアチア以上にマッタリ濃度が高く、クロアチア以上にアバウト族。熱い太陽燦々、夏のバカンスがステキ。

真冬の苺レスなザグレブでこっそり苺ちゃんがほしくば、そんな国からやって来る闇行商のオッチャンがいるではないか。そこで安く入手したのが3パックの苺ちゃん。原産地ギリシャ、見た目申し分なし。さっそくおうちで一口かじれば、ああ無味無臭、プラスチックの如し。やっぱり真冬の苺は日本産に勝るモノなし。オッチャン、その場で味見させてよねー。

しょうがないので一日砂糖につけて、苺のショートケーキを焼いた。クロアチアじゃ苺ショートなんてないもの。うまうまっ。が、思いのほかたくさん残った生クリーム、捨てるのも忍びなく、次の日のヨナカにまたごそごそケーキを焼いて、その翌日の朝に食べた。午前中掃除して、ついでに窓の隙間風対策にスポンジテープを貼って、ええ、家屋がアンティークなものでして、気がつけばランチの約束に遅れそう。


鏡よ鏡、
・・・あれ?
なんか目、腫れてる?
なにこれ、化粧水、めっちゃ染みる!
あ、お腹イタッ!

チーン。

お見事、大アタリ。
生クリームちゃん。
食あたり、じんましん。すごーい。覿面。


ランチは当然パスし横になる。夜、通りが騒がしい。ああ、市による「美術館無料開放ナイト」だっけ。ここ数年1月最終金曜の夜(らしい)には、ザグレブ市内の博物館、美術館が無料開放され、劣等化路線爆笑中・・・あれー?何度打っても「爆走」が「爆笑」になるう。コホンッ、その落ちてゆくザグレブでこれはいい文化的イベントだなーと去年も思ったのよね。ありがたいことに下のおばちゃんに一緒に行かない?と誘っていただいた。この実行委員会の役員であるおばちゃんと一緒に行けば、長蛇の列に加わることなく各館の音楽会などに参加できるのに、このお腹じゃムリですけん。「ふつう、3日やそこらのクリームでならないわよねえ(笑)。ニホンジンのお腹って・・・」と、一緒に食べたのにまったくモンダイなしの同居人(ヒト科オス)と不思議がる。って、おばちゃん、ふつうですってばふつーっ。あーあー、苺はやっぱり春まで待ちましょ。ン?




☆食あたりももう治ったところで、これにてめでたく今月途中から突如はじめた「ブログ更新しまっせ月間」、オワリ☆2月からはふつーにゆったり適度な更新に戻しますネ。ほぼ毎日、読んでくれて&コメントどうもご苦労さまでした。明日からもまたどうぞよろしくう(笑)。



人気ブログランキングへ
終わったー、ブログ月間☆
↑ クリック、どうもありがとう♪

[PR]
実家の母から「銀行さんから連絡してほしいと連絡あり」とのメールが来たので、こちら深夜1時過ぎつまり日本の朝9時過ぎ、Skypeで銀行に電話する。

「いまお手元にカードはございますか?」
「はい、ありますが」
「実は・・・」

えっ?! 

受話器の向こうからのお話は、まさかの、クレジットカード被害でした。

どうもデータが盗まれたらしい。被害は12ドルほどで済んだものの、誰かがわたしのカードデータでアメリカで書籍を購入したらしい。ネットでかな。その後、またほぼ同額でなにかを購入しようとしたらしいが、すでにセキュリティーにひっかかっていたらしく、カードはそちらのほうで止めてくれていたそうだ。・・・・いやー、あんまりカード、使わないから。銀行さんに電話で「今カードが止められていると思いますが・・・」と言われるまでまったく気がつきませんでした(汗)。っていうか、12ドルの本一冊って、なんか良心的な犯人だな(笑)。なんの本買ったのかな。

じつは昨年だったかその前だったか、一時期、クロアチアでこういったカードのデータ盗難が簡単にあちこちで行われていると話題(いや問題)になっていた。スーパーや店舗が経費を安あげるためにカード読み取り機のセキュリティーをきちんとせず、ゆえにデータが簡単に盗めるといったような話だった。実際、クロアチア人の友人も高額の被害にあった(円にして約20万)。それよりも以前、アメリカのドキュメンタリー番組でもその簡単さを実証していて、いやー、カード、コワイっすって感じであまりカードは使わないようにしてたんだけど。

昨年にこのカードにしてからは、ネットで支払い3回(某じゃんぐる書房、某弱小航空会社、某大手ホテル予約)、それ以外は12月にザグレブ市内で一度使っただけ。で、12月末だか今月初めだかなんだかに誰かが使ったということは・・・、ことは???・・・・カード会社に連絡すれば詳しいことがわかるのだろうけど、カードは破棄したし、新しいカードはもう当分持たないからまあいいや(といいつつ詳しく知りたい気もするけど)。いずれにしろ「データは盗まれる」ということがわかったから。


f0039021_7593522.jpg

先日餃子を作ったら、皮にするにはチョット柔らかすぎて困った生地を伸ばして切って、自家製の麺にしてみた。餃子の餡(自家製鶏ミンチ、白菜、キャベツ、リーク、山ほどの生姜など)と炒めた。おーっ、ツルツルもちもち。旨いっ。失敗してみるもんだねー。今年のキッチンの目標は餃子の皮など粉ものを安定させたく、こうして麺への挑戦も始まりましたとさ。麺作り、かなりおもしろいっ。←すでにハマってる。っていうか、その前に料理用の量りを買いなさーい。キャッシュで(笑)。



人気ブログランキングへ
↑ クリック、ありがとう♪

[PR]
昨年の12月に乾燥激しい冬のユーラシア大陸の頭皮ケアについてちょこっと触れた、その後日談。

f0039021_354380.jpg


そんなこんなで行きついたのが、環境にもお財布にもエコな、題して「自宅でできる・たまごトリートメント♪クロアチア編」。そう、たまごです、たまご。市販のシャンプーを使用せず、卵白と卵黄でヘアートリートメント。新鮮で良質なたまご・はちみつ・オリーヴオイル、ハーブ精油、これだけで信じられないほどサラサラつやつや、日本にいる時のような潤いある髪に戻りつつありまする(^^)。あれほどカサカサになっていた頭皮もほぼ完治。


ではでは、こんな感じ。


☆髪を強くし、地肌の汚れを落とす卵白トリートメント・シャンプー
用意するもの:新鮮な卵白1個。
方法:
地肌(頭皮)をマッサージするようにして櫛で髪をとき、地肌と髪の汚れを浮き上がらせる。
適度に泡立てた卵白をマッサージするようにして地肌から髪全体につける。
シャワーキャップなどで髪を被って、3〜5分ほど置く。液垂れ注意。
地肌には少し冷たいぐらいのぬるま湯で丁寧に洗い流す。注)いきなりお湯でだと卵白が固まるのでNG。
この後卵黄パックしないなら、ドライヤーで髪を半乾き〜ほぼ乾いた感じにしておしまい。)

☆髪に潤いと艶を取り戻し地肌の乾燥を防ぐ卵黄トリートメント
用意するもの:新鮮な卵黄1個、ホホバまたはオリーブオイルをティースプーン1杯、はちみつティースプーン1杯、ハーブ精油3滴。
方法:シャンプー後、または卵白トリートメントの後。
卵黄、他を小さなボールに混ぜ合わせる。
卵黄パックをマッサージするようにして髪全体にぬり、櫛で毛の根本から毛先に向って手寧にとき馴染ませる。
シャワーキャップなどで髪を被い、5分ほど置く。液垂れ注意。
ぬるま湯で丁寧に洗い流す。注)いきなりお湯でだとが固まるのでNG。卵黄ではなく、卵黄のまわりの卵白が白くガム状に固まるので、卵白はできるだけ取り除いておいた方が無難。ガム状の卵白もすぐに手で取れますけどね。
ドライヤーで髪を半乾き〜ほぼ乾いた感じにしておしまい。これでサラサラつやつや。


次は日本の女子・男子にもおすすめの卵白を使ったフェイスパック。

☆5分でつるつる卵白フェイス・パック 
頻度:週1〜3回ぐらい。
用意するもの:新鮮な卵白と薄皮、はちみつ(少々)。
卵1個分の卵白だとどうしても多すぎるので、その時は2回分にします。一番経済的なのは目玉焼きなど卵を調理する時にカラに残った少量の卵白を1回分として使用。
方法:
カラについた卵白を指先で掬います。卵白1個分なら溶きほぐすようにちょっと泡立てて、マッサージするようにすっぴん状態の顔に塗ります。
カラについている薄皮を剥がし、シミなど気になるところに貼ります。
3〜5分を目安に、卵白が白く乾いてひび割れて来たら、水(お湯は卵白が固まるのでNG)でマッサージするようにして卵白と薄皮を取る。この時、薄皮がピッタリくっついていて剥がれにくければ、水でふやかすようにするとちゃんと剥がれます。おでこの生え際や顎もきちんとゆすぎます。
手のひらに乗せたはちみつを水で湿らせた指先では伸ばし、顔と眉毛、くちびるにも塗ります。
3〜5分ぐらいしたら水で洗い流し、あとはいつもの化粧水、乳液をぬっておしまい。おどろくほどツルツルになり、化粧水の伸びがまったくちがいます。

以上、こちらに書いたトリートメントでのアレルギーが心配なら、腕などでパッチテストしてみてくださいね。わたしは一発目からぜんぜん大丈夫でしたが(^^)。




備考:

・使用している材料や量は各自で臨機応変に。ザグレブ在住のわたしは、ドラツ市場の卵売り場の卵Lサイズ、匂いなんてまったくナシ。クロアチア産の良質のEV(エクストラ・バージン)オリーヴオイル(オリーヴオイルはできればEVで。もし良いホホバオイルがあればそちらを)、フヴァル島のラヴェンダーはちみつ、Aromatica(アロマティカ。クロアチアの自然派コスメブランド)のハーブ精油です。

・オリーヴオイルの替わりにAromatica(アロマティカ)のホホバオイルと思い店舗に向うも、思いのほか高額(100クナ!)だったのでヤメた。店員さんも「オリーヴオイルで十分代用できる。でもアーモンドオイルは重いので髪と頭皮ケアにはヤメた方がいい」とのこと。

・はちみつフェイスパックにヨーグルトを混ぜると保湿効果があるとかで、一度やったことがあります。が、あえなくNG。ヨーグルトの匂いがいつまでも残って牛乳臭いというか、ハイ、チョット・・・。

・こうやってまとめてみると実行するのがなんだかめんどくさそうですが(っていうか、書くのがめんどくさかった。笑)、意外とそうでもないですよ。ただ今この方法で二週間経過ですが、市販のシャンプー&リンスを使っていた頃とは比べ物にならないくらい髪と地肌は良好。パーマでバシバシに痛んだ毛先も柔らかくなり、地肌も洗髪後にDr.ハウシュカのニームヘアローションもつけなくてもいいくらい。



人気ブログランキングへ
↑ クリック、ありがとう♪



[PR]
ザグレブに暮らしはじめてから「買い物ならとうぜんグラツでしょ」と再三知人たちに言われ続け。「オーストリアまでお買い物に」なんて響きは限りなく優雅でございますが、実はザグレブからショッピング・ツアーバス(詳しくはこちらのページ下で)が出ております(なぜに丁寧語?)。しかも日帰り往復で100クナ(約1200円さっき調べ直したら約1500でした)と格安。もうそれって、キョウトーコウベみたいな感覚。

f0039021_20405754.jpg

(スロヴェニア国境)
f0039021_20415845.jpg


しかも300ユーロ以上お買い上げなら免税にもなるし、ザグレブで闇で売ったりするにはそういう仕入れの仕方もあるのね。実際、同じバスにもなん人かそれらしきおばちゃんたちがいらっしゃり、すごい量の日用品の袋!あれを後日ばらけて売るんですな(たくましい!)。

さて、もうひとつ、ザグレブの住人にとってのグラツといえばイケア。わたしもここ数年ザグレブ(=クロアチア)にもイケアができるのを待ち望んでいたわけですが、「再来年にはザグレブにもイケアができるぞ」と毎年ニュースで読めど一向にその気配はなく、業を煮やしてグラツのイケアに行って来ました。

いろいろ見ましたが、全館通してディスプレーがうまいね。
f0039021_20423067.jpg

洗面台の後ろがシャワー。なるほど、こういうスペースの使い方もいいね。
(写り込んでるのは知らない人デス。えっ?笑)

かなり広いので一周したところで小腹が空き、イケアのセルフサービス・レストラン(学食風)へ。ところでイケアのレストランって、世界各国その国によってメニューが異なるんですね。ウェブで見るといちばんメニューが充実しているのはイタリアのような気がしました(やっぱり?笑)。

オーストリアのご当地メニューの一部はこんなの。

ほうれん草のパラチンケ(クレープ)。ふつうにふつうでした(笑)。でもアイデアはよいなあ〜。
f0039021_20425934.jpg


サーモンとパスタ。
f0039021_20434545.jpg

このパスタがねー、ちょっと美味しくない・・・。ゴワゴワしてて。
クロアチアでもこういう手作り風のぼってりしたパスタありますね。

全国共通、北欧スモークサーモン。さすがにこれは美味しかったっす。
f0039021_20432156.jpg


その他には子牛だったかチキンだったかのシュニッツェル(カツ)などのオーストリアのお肉料理が何種類、そしてイケア定番のトナカイのミートボルなどもありましたヨ。世界各国のイケアのレストラン巡りブログもおもしろいかも?(笑)

f0039021_20445143.jpg

レストランの内装。他の国のはどんなの?


さて、実際イケアに行ってみての感想ですが。うーん・・・ちょっと、かっがりかも。クローゼットのデザインやこまごました物の仕分けができるところなどはグーですが、やっぱり質が・・・。今うちにあるクローゼットもイケアの10年ものらしいのですが、すでにガタガタだし。けっきょく、似たり寄ったりならザグレブ郊外の大型家具店のほうがいいかも?最近では購入者が少ないため価格も下がりましたしね。別にイケアはなくてもいいかもという結論に(笑)。


イケア戦利品。
f0039021_21215290.jpg

おふろの椅子。チョット大きすぎたけど(笑)。
箪笥の中仕切り。
くーしの、ぶんぶん振り回しオーケー、カエルちゃんぬいぐるみ。

ん・・・?なぜか写真がアップできない・・・。






人気ブログランキングへ
↑ クリック、ありがとう♪ 



[PR]
じつはちょうちょがヒジョーにニガテ。

なにがどうして?といわれても、羽の模様だとか、粉だとか、胴体だとか顔とか、すべてにおいて、ダメ・・・・なんです。それと子供のころ、理科の本かなにかでちょうちょのドアップ写真を見て強烈な印象を受けて以来、ちょうちょが飛んで来ると、・・・・わーっ、こわいーっ!(←明らかにトラウマ)

f0039021_21172679.jpg


窓辺の鉢植えで日に日に、青虫君、大きく育ってます。

食い尽くされてる鉢植え君にはちょっとカワイソウだけど、
緑色がきれいだなあ。葉っぱ、美味しいか、そうかそうか、よかったね。
さて、どうしましょうかね。
外は零下、今日の最低気温マイナス8℃とか言ってたし。


かといって、ここでちょうちょに変身されても・・・。
くーしとたんたんも猫夢中、駆け回って狩猟にとりかかり、
すなわち家中、むちゃくちゃになる・・・。
で、外に逃がせば寒くて死んじゃうだろうし。


あああーーー・・・。


人気ブログランキングへ
↑ クリック、ありがとう♪ ちょうちょ〜♪

[PR]
f0039021_02374.jpg

f0039021_23352857.jpg
f0039021_2336343.jpg

f0039021_023658.jpg


人気ブログランキングへ
↑ クリック、ありがとう♪ 
さっきから雪が降り出したヨ、ザグレブ。

[PR]