カテゴリ:世界いさんの街( 98 )

f0039021_20441871.jpg


石畳、細い路地、おっちゃんズ、

それだけで絵になっちゃうのって、

いささかズルいのではないかと思うのでした。



人気ブログランキングへ
いつもありがとう♪
☆ブログ強化週間実施中☆
[PR]
f0039021_8104899.jpg


今月初旬、ドゥブロヴニクの取材を終えて辿り着いたこの港街。
滞在時間イチニチにも満たなかったけど、
このスプリットの街でバスを降りるたびになぜか懐かしさが溢れて来る。
この空と海と椰子の木と、風と波音とに心癒される。

あー、いつかこの街で暮らしてみたい。
これが毎日の風景になったらどんなにステキだろうか。

なんて、たまに訪れるぐらいがいいのかもね。

全体的な街の風習としてザグレブは猫や犬に優しい。
街中でもスーパーの入口でご主人を待つわんちゃんはよく見かけるし、
猫と同居してるヒトも多い。
動物との生活に慣れてるんだよなあ。と思う。

スプリットはそうでもない。
ペット?家猫?なにそれ?みたいな。
それでも港のおっちゃんたちが
放置してあるボートに住み着いたノラの親子をかわいがってたりするから
そんなに悪くはないかもとか思いつつ。
でも自分がそこで暮らしているイメージは湧いても
くーしとたんたんの暮らしのイメージがとんと湧かない。
って、暮らしたい街の決め手はそこ?(笑)

ま、いづれにしろ人生何事もなんとかなるものさー。

とか妄想しつつ、まだまだ当分はザグレブですが。
明日からまた3泊でおシゴトです。
チョットばかり森の中に行って来ます。


人気ブログランキングへ
↑クリック、ヨロシクお願いします。

[PR]
f0039021_1810592.jpg


熱い太陽とアドリア海にもまけない碧い碧い湖の波音に揺られながら、
ゆっくりと流れる午後のひととき。
これこそ究極の秘密のバケーションスポット。

なーんて、
地元の若い人たちはみーんなここ、知ってるよね。(笑)


人気ブログランキングへ → クリックお願いします。
[PR]

f0039021_17492914.jpg


急速に観光地化され過ぎた感の拭えない
クロアチアの次のディスティネイションは、

マケドニア。


人気ブログランキングへ → クリックお願いします。
[PR]
f0039021_6115293.jpg


メエエエエー!
メエエエエエエエー!

どこからか聞こえて来る動物のなき声。

f0039021_621041.jpg


おお、山羊さんでしたか。こんにちは。

わだち、生え放題の雑草、
土のにおい、鳥の囁き、
作りかけの家、
大きな音をたててやってくる
オンボロボロボロ車。

湖のそばの村を歩けば
まるでタイムスリップしたみたいなオフリドの午後。


人気ブログランキングへ → クリックお願いします。
[PR]

f0039021_7142652.jpg


ザグレブから1時間少々、旧ユーゴスラヴィアのマケドニアへと夜の空の旅。
夜11時、首都のスコピエのとても小さな、
なのに「Alexander the Great」なんて偉大なる名のエアポートに着いた。
そこからミニバスに揺られ真夜中の真っ暗な道を3時間ドライブ。
眠くてボケボケの頭で辿り着いたはオフリドの湖。
街の暮らしを忘れさせてくれる早朝の冷えた空気がなんとも心地よい。
星が消えて夜が明けてバルコニーからさし込む太陽の光り。
あたりにはなーんにもないホテルから一歩出ると、キラキラ、
空も人も、まるでこの湖のように澄み切って輝いていた。

人気ブログランキングへ → クリックお願いします。
[PR]
f0039021_734638.jpg

どんな歴史が重ねられ、
どんな人が今そこに住んでいるのだろうね。
こんなバルコニーの家に住めたら、

・・・夢かな?

世界でもっとも美しいバルコニーのひとつだと思うのに、
どうしたらその美しさが伝えられるのか、
横から撮っても前から撮っても、
こんなダメダメ、まったくダメなんだ・・・。
と、いつも、がっくりするのです、の巻き。

*もっと多くの人にクロアチアを届けたいから、
人気blogランキング
[PR]
f0039021_647995.jpg

何気ない窓からのぞく電灯の灯りに胸がきゅんっ。

この灯りの下で食事をするのはどんなヒト?
どんな家族?
なにしてる?
幸せかな?

オレンジの灯りに
そんな夢と現実の境界を行ったり来たり。


人気blogランキング
[PR]
f0039021_943795.jpg

この瞬間の夜の空のブルーも好き。
家々の窓の灯火の温かい白熱灯も好き。
光りが反射したがらんと静まった石畳の広場も好き。
そんな日常の一瞬が好き。


人気blogランキング
[PR]
f0039021_2041525.jpg

観光客で賑やかな、石畳の広場のとあるカフェ。
いつかきっと、そうテラス席を眺めながら、通り過ぎる。
だけどきっと、
憧れのまま眺めてる方がいいのかもしれない。
そういうことってあるよね。


*もっと多くの人にクロアチアを届けたいから、
人気blogランキング
[PR]