カテゴリ:変哲のないふぉとぐらふ( 129 )

f0039021_88029.jpg


こんな白い日々。

今週日曜に予定している小さなワールドカフェの準備、4月の準備などなど、やることマンサイ。時間タリナイ(涙)。

多忙中につき、チョイゆっくりブログです☆

そうそう、お隣のセルビアでは氷点下30℃を越えてちゃってしまい、死者も出るほどの寒波だそうだ。幸いザグレブはそこまでじゃない。チョット氷点下、みたいな。マイナス11℃前後。ふい〜☆

(なんだか写真がまっすぐじゃない・・・ような。)


人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
f0039021_10533052.jpg
f0039021_10562091.jpg

f0039021_1054378.jpg

f0039021_10595583.jpg

f0039021_1122339.jpg

f0039021_10542818.jpg


あっちふらふらこっちふらふら、あたらし物好き。
気の向くままにソニーちゃん、アップルちゃんに浮気をしても、
やっぱり最後はここに帰って来ますね。
一番いっしょにいて楽しくて満足感を得られるのは、たった一人、キヤノンはん。

久しぶりの一眼。う、・・・・ずっしり重い。

だけどやっぱり、だから、これなんだなあ☆




人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
f0039021_1944761.jpg


こんなにスッキリ青く晴れているのにね。
今週はどうやら氷点下が続きそう。

金曜の予報はすごいぞ、
最高気温−4℃、最低気温ー12℃。うっはー。

だけど、それぐらいもまたキリリッといいかもしれない。←外に出なければね。(笑)

そうしてこんな冬の青い空に流れる雲のように、
新しいアイデアなんかもぽ〜んと浮かんで消えて、また浮かんで。
まあ、いいんじゃない。
とりあえず今をひとつひとつがんばろう。



人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
f0039021_6521583.jpg


トラムに乗って老人ホームに行く途中に、こんな公園がある。
緑の季節はそうでもないけど、こんなにお日さんがさし込んでいても、
真冬はどこか物悲しくて、
とおってもそれがどこかユーゴスラヴィアっぽいとおもってしまう。

こののっぽな木々たちはみんなどこか勝手で無骨だ。
取っつきにくいけど、人はわるくない。

その木々の間をカサカサ、音をたてて子犬が通り過ぎて、
その後を手を後ろに組んだ男が黙ったまま、ニコリともせずに静かに重く歩いてゆく。

そんな光景が浮かぶ。

今日は昨日よりも寒くて、キーンッと冷たくて、
ホームの行きも帰りも、路上の氷は融けないままだった。


人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
京都市の大谷大学にて12月12日から始まった写真展。開催から一週間経って、ようやくアップという・・・・。でもこの一週間、ほんまにむちゃくちゃ忙しかったのです。

ひとつには、懐かしの母校で今は先生をしている同級生や後輩と15年ぶりぐらいでの再会、そのほかにも恩師や顔見知りの先生、知人などなど、毎日がほぼキャンパスでの同窓会(^^)。そして、もう一つうれしいことは、遠方より朋来る。神奈川からみほちゃん、神戸からおやびん(まいど!)。

などなど本当に楽しい時間を過ごさせていただいています。が、それプラス、テキストの書き直しや会場のレイアウトの変更、ワークショップの準備、その後のこと、などなどなにかしら毎日しなければならないことが出て来て寝る暇がない。今夜もこれから今日のワークショップのテキストを作ります(あと30分で深夜だよ・・・)。

で、一週間前に始まったのに、毎日何らかの変化というか進化ある会場。今週のハイライトは、今日行った京都の小学生たちとのワークショップ。みんなでクロアチアで折られた鶴たちに飾りを付けました。それらも明日から展示されます(←進化)。


〜現在ギャラリーに展示してあるもの〜
・クロアチアでのワークショップの写真と説明
・クロアチアの人々から寄せられたメッセージ
・クロアチアから飛んで来た鶴たち
・京都のこどもたちが飾り付けた鶴たち
・クロアチアの子どもたちの描いた絵
・クロアチアの子どもたちの合唱ビデオ
・クロアチアの人たちが祈る姿のビデオ

入場無料なので、ぜひお近くの方はお越し下さいませ。以下、今週の写真展の様子です。京都まで来られない方もご一緒に楽しんでください。


JR京都駅の地下鉄にある広告。同じものが実は四条駅にもあります。
f0039021_21432277.jpg

f0039021_21432658.jpg


大谷大学 響流館1F ギャラリー
f0039021_21422757.jpg


f0039021_21433626.jpg


クロアチアでのワークショップの写真とその説明。
f0039021_2144140.jpg


f0039021_2143887.jpg


クロアチアの子どもたちが被災地の皆さんへ贈る絵。
f0039021_22405485.jpg


震災後にクロアチアの市民の皆さんから寄せられた言葉の数々。
またザグレブ市長はじめ、この写真展のために頂いた言葉もたくさん展示してあります。
f0039021_2144668.jpg



子どもからおじいちゃんおばあちゃんまで、クロアチアの人々が折った1300羽を超える鶴。
f0039021_21434084.jpg


その鶴たちは京都で、こんなふうにキラキラ眩い、今にも飛び立ちそうな飾りになりました。
(だからね、一般的なカタチの千羽鶴じゃあないんですって。ええ。笑)
f0039021_2241545.jpg


彼らは今京都で翼を休め、来春に東北へと飛び立ちます。


ということで、なぜこのプロジェクトなのかなど、新聞にもたくさん載せていただいたのですが、
またブログでもお話したいと思い・・・ます。ハイ。
っていうか、そういうのは開催前にPRとして載せるべきなんでしょうけどね。
時間がない・・・はははっ。



人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
その街のことを知ろうとするとき、その街の古いモノクロ写真を見るのが好きだ。昔の、行き交う人たちの衣装、看板、道、建物、それが移ろって現在に続いて、ああなるほどって、なんだかじわっと愛しさも湧いて来る。ザグレブ市の目抜き通り、イェラチッチ広場から西に伸びたイリツァ通りの風景、ほぼ同じ場所を2011年と1906年で見てみよう。

2011年。
f0039021_23481088.jpg

1906年。
f0039021_23452585.jpg

2011年、もういっちょ。ちょっとアングルを変えてカラーで。
f0039021_23455571.jpg


この100年で一見かなり変わったようで、実はそれほど変わってないような(笑)。でも街の雰囲気がオーストリア帝国風から社会主義っぽく実用的な感じになったかもしれない。建築物では左の一軒目がビルになり、あらま、その次の建物の塔がなくなって外観のロマンチックな飾りもすっきり消え失せ簡素に。右の一軒目はほぼそのままで、2軒目はデパートに建て変わった。そんないくつかの変化はあるものの、実はその当時の建築物も多く残り、スカイラインはあまり変化なし。あ、そこは京都みたいだ(笑)。

f0039021_10263316.jpg一番の大きな変化はというと、やっぱり乗り物。現在ザグレブ市内を網羅する路面電車だが、1906年当時は公共交通機関は馬車だった(1891年9月5日開業)。一頭の馬が1日平均26〜28キロ走ったそうだ。その後1910年に初めての路面電車がザグレブの街に登場し、馬車はすべての路線が完成した1937年に廃止となった。

そして、まったく変わってないこと、ふたつ。道幅。そして、今も昔も変わらず同じような場所で垂れ幕式に広告が吊るされてる不思議。そっかー、これは100年たっても変わらないんだーっ、なんだか妙にかわいくてクスッと笑ってしまった。もしタイムスリップできたなら、馬車でこの1906年のザグレブの街を走ってみたいな。

(追記。馬車の写真、付け足しました。)

人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
f0039021_175095.jpg


午後の静かな水面。
久しぶりに琵琶湖を訪れました。

キラキラ届きそうで、
でも遠く輝く過去、そして現在と未来。


人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
阿蘇の翌日は由布院です。

父は一家切っての雨男。おかげで由布院もやっぱり少し雨降りで、でもそれはまたしっとりと情緒ありでよい雰囲気でした。宿には露天の内湯があり、うーん、贅沢。おとーさま、おかーさま(笑)、どうもありがとう。とても楽しかったけど、こんなふうに彼らと旅ができるのもそうそうないかもしれない。そんなこともちらちらと過るちょっと切ない思いの2011年秋の旅でした。

f0039021_0415030.jpg

f0039021_0331449.jpg

f0039021_043780.jpg

f0039021_0332737.jpg

f0039021_0334546.jpg

f0039021_0335977.jpg

f0039021_0341592.jpg

f0039021_0375220.jpg

f0039021_036263.jpg

f0039021_0385713.jpg

f0039021_0343433.jpg

f0039021_0391139.jpg

f0039021_0422218.jpg


さて、お約束の新しいカメラはキヤノン・・・ではなく、ニコン。

でもなく。

なんと、まったく考えてなかったまさかのSonyのミラーレス一眼、NEX - C3です。いろいろどのカメラにするか迷ったんですけどね。某大手カメラ屋で値切って48000円。

この旅で初めて使ってみた写りはザッとこんな感じ。ピントの合せ方やいろんな機能を探すのに手間取ってしまい写りが少し甘いかも。ですが、街歩きのおもちゃとしてはなかなかよいですな〜。

このシリーズの最新版は夜間と動画がさらによくなったということですが、このC3でも夜、ぜんぜんオッケー。一つだけ難点があるとすればマクロ。かなり弱い。あまり近くによれません。まあマクロレンズを買えばよいのでは、ってことですが。GR DIGITAL IIIのほうがぜんぜんマクロ。でもGRだったらやっぱり Ⅳ 欲しいなあ。でも高いなあ。


おまけ☆由布院でもフィーチョ君。
f0039021_045423.jpg






人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
f0039021_21262212.jpg

f0039021_21265510.jpg
f0039021_21272816.jpg
f0039021_21275218.jpg


昨日の晩、明日は撮影に出かけよう!
来月京都で使うのに足りない分、撮っておこ。

なのに今日、昼に起きるととても肌寒い雨だった・・・。
うーむ。時間が足りん。

たんたんとギンジローもお昼寝。
明日、晴れるかな、ねー、くーし。



人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
f0039021_23324387.jpg


海のないザグレブの海、ヤルン湖で、ふと見上げた夕焼けの空。
ちょうどお日さまが西の向こうに落ちていったころ。

ほんとにきれいだったよー☆




人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]