<   2005年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

鰯かぁ・・・・アンチョビもいいけどイワシのフライかイワシ団子がいいなぁ。
f0039021_9414546.jpg





[PR]
クロアチアの市場ではよく見かけた昔ながらのハカリ。
なんだか味があっていいなぁ。
f0039021_9394670.jpg


それにしても、左端の赤いエイリアンはなんだったのだろう・・・。




[PR]
現在はスプリットの郊外に大きな新しい墓地ができていて、まるで公園のように豊かな木々や色とりどりの花が咲いていてのどかな感じがします。

キリスト教徒のちょっと変わったお墓。普通は写真の後のほうにあるような、大きな墓石が一般的なのですけど、これは1870年代など戦前の古いものということもあるからなのか、よくわかりませんでした。
f0039021_9364090.jpg





[PR]
この古い墓地は1573年から1945年までの間、ユダヤ人の墓地として使われていました。先日の写真のピンク色のカフェになっている旧・死体洗い場は1892年に建てられました。

いろいろな国の墓地探索はなかなかおもしろいもので、この墓地の中を昼間散歩がてらに歩いてみると、色々と珍しいお墓が見られます。なぜかあやめが咲いていました。紫のもの、しろいもの。
f0039021_932348.jpg


こちらの三角のユダヤのお墓ですが、これは世界中でもここだけで見られる形です。これもちょっと不思議な絵ですね。
f0039021_93242100.jpg


昔のユダヤの墓でよく見かけるのは、歴史の中でキリスト教徒などに改宗させられたり、他の人にはユダヤとはっきりわからないようにしたいけれど、同じユダヤ人には見つけてほしい場合など、墓石にゆりの花が描かれることもありました。
f0039021_933201.jpg



ゆりの6枚の花びらがユダヤの象徴とされているダヴィデの星に似ているからだそうです。




[PR]
1935年ごろのMarjanの丘の展望台にて。
同じ場所、ちがう時代。

目の前には今と同じように美しいアドリア海が広がっていたのかな。

スプリットの写真屋さん一家の幸せな頃。
f0039021_925585.jpg

この後1939年に第二次世界大戦が勃発し、
1943年にこのユダヤ人の写真屋さん一家に悲劇が起きますが、
それはまた次の機会に・・・・。
この一家のお話は「ルチアノ・ルチアノ -1943年10月14日のできごと(上)」をお読みください。

One More
[PR]
去年の夏にクロアチアへ旅をされた、かなさんの
「たくさんのありがとうを君に」 Croatia旅行記 Split編 その1 「古代宮殿」
からのTBです。

スプリットの美しい景色を眺めるには、このMarjan の丘からが何と言っても絶景。
この丘の途中の展望台も、スプリットの住人たちにも長い間、親しまれてきました。
f0039021_920480.jpg



そしてこの展望台にあるピンク色のカフェ。
せっかくのロケーションなのだから、もっとおしゃれでもいいのですが・・・。
カフェの表の壁を見ると、クロアチアには似つかない不思議な文字が刻まれています。
これはヘブライ語なんですが、そう、実はここは、
かつてはスプリットのユダヤ人の死体洗浄&置き場だった建物なのですね。
f0039021_920303.jpg


そしてこの丘をため息も出そうなほどの眺めを見ながら上に登っていく道沿いの長い壁。
この壁の向こうには、かつてこの死体洗浄&置き場が使われていた頃の
古い古いユダヤ墓地があり、カフェのハンサムなオニーサン頼むと墓地へ続く門の鍵を開けてくれます。

このカフェの建物は、現在もスプリットの街のユダヤコミュニティーがオーナーですが、
場所が場所なだけにデートスポットにももってこいだしね。
ほって置くのももったいないということでカフェに改築して貸しているのだそうです。
カフェと死体置き場と墓地。さすがクロアチア!




[PR]
向こうから、とことこ、ミーと一緒に歩いてきそうな、そんな気がしたよ。
f0039021_9142826.jpg





[PR]
ザグレブから車で45分ほどスロヴェニアに向かって走ると、もうそこはのどかで美しい山々。今頃はきっと雪が積もっているのでしょうね。それもまた風情がありそうです。

春には野蕗(のぶき)やミントが山から流れてくる小川の側一面に。
でもなぜか、誰もミントに見向きもせず野蕗もまったく摘まれないので、
なんともったいないことかな。

そして何と言っても鱒ですな、鱒。
f0039021_9102787.jpg

クロアチアは水資源もとても豊かで、小さな小川でも水が鏡のように本当にきれい。

川魚も結構いるようです。

この鱒、実は養殖なんですが、山に囲まれた自然の中にエコ・パークと呼ばれる鱒の養殖場があり、敷地内の川では鱒がこんな風に泳いでいます。

エコパークのレストランでは鱒のオーブン焼きやお肉料理が注文できて、外ではポニーや黒い豚さん、バンビがいて、子供たちにも自然に触れるのびのびさがいいですね。

そしてワタシは野蕗を摘むのに大忙し。春よこいっ!
[PR]
これぞまさにクロアチアの、というかユーゴの風景というか。あら、ほんと、ロード・オブ・ザ・リングにでも出てきそうな村かもね。ホビットさんたちが手を振ってるかも、と列車の車窓からパチリなんて。
f0039021_984235.jpg

そしてこのお方。この村の農夫さんのようにも見えます、断然。ですが、クロアチア共和国の大統領さんなんですね。じつは。ちなみにクロアチアではただ今大統領選挙真っ最中!なんて言ってもぜんぜん緊張感ありませんね。
f0039021_985473.jpg





[PR]

クロアチアの小さな首都ザグレブの街で見かけた花。
たぶん牡丹なんじゃないかなと思ったのですけど、ちがうかな?

お正月らしく華やかに。
f0039021_955463.jpg


One More
[PR]