<   2006年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧



お魚編にしようと思っていたのに、いきなり予定変更で

チキンのオレンジ&イチジクの蒸焼き

その名も、「Sote pileća prsa sa premazom od smokava i narančom」

長いなあ・・・

意味?「チキンの胸肉のオレンジとイチジクのソテー」

そのまんま


材料:

たまねぎ
チキン胸肉またはささみ
イチジクジャム
ママの魂 Majčina dušica
オリーブオイル
塩、コショウ
ワイン少々(赤でも白でもOK)


作り方:

スライスしたたまねぎを中華なべでかるく炒めます
オリーブオイルでね

その上に、薄く切ったチキンを重ねるようにして敷きつめてゆきます
ここでママの魂をぱぱぱぱぱっ
お塩ぱっぱ、好みでコショウぱぱぱっ
イチジクジャム、ぷる~んぷる~ん

さらにその上にスライスしたオレンジをぽんぽんぽんっ

ワインをぱ~っ、ふたをして
20分ほど、焦げないように弱火~中火で蒸焼き
触っちゃダメよ


チキンに十分に火が通ったなあと思ったら

Sote pileća prsa sa premazom od smokava i narančom のできあがり!

f0039021_6533561.jpg

[PR]
昨日の「炊いたん」ものの続きで今回はズッキーニの炊いたん

f0039021_2352797.jpg

これもカンタン、ズッキーニをよく洗って、半分にすぱーん
おなべのお湯に入れて20分ほど茹でます
ズッキーニ、柔らかそうでなかなか火が通りにくいヤツ
ズッキーニにすーっと串が通るようになったら茹で上がり
茹でる時に「ママの魂」と呼ばれるハーブMajcina Dušicaをぱぱぱっ

おなべから取り出したズッキーニをボールにうつして
オリーブオイル、すすすー
お塩ちょっと

もう一品はチキンのハーブ焼き
これにもママの魂は忘れずにしっかりと注いでくださいな
ダルマチアの料理、ママの魂がなければおいしくない?

Majcina Dušicaたっぷり、パプリカをぱぱぱっ、オリーブオイルで焼いて

f0039021_236035.jpg


次回はお魚編よっ
[PR]
ダルマチア地方の食卓によく上がるのが、このお野菜、ブリトヴァ

スイスチャードの種類のようなこの菜っ葉、
昔は日本でも似たようなものが食べられていたそうです
f0039021_2283469.jpg


ほうれん草をゆでるのと同じようにして
同時にゆで卵を作ります
面倒な時は同じおなべに卵もぽんっ

菜っ葉をゆでたあとに軽く水切りをして
オリーブオイル、ばばばー
まぜまぜして、それだけ、はいできあがり
ブリトヴァ、お塩はかけなくても
そのままで十分に塩気というか味があります
ちょっとふしぎ

ダルマチアの農家風、菜っ葉の炊いたん
f0039021_2292179.jpg

[PR]
モンテネグロの代表的な書物にペトロビッチ=ニェゴシュの「山の花環」という本がある。その「山の花環」は格言集的なものでもあって、一昔前のモンテネグロの方ならば、暗記している古典にあたる書物。日本語訳されたものも出版されていますが、なんせ一冊が12000円ほどもしているので、ちょっと私には手が出ませんね。原本は50クナ(100円ほど?)ほどなのかな?

さて、久しぶりにあちこちのブログを訪れてみました。驚くことに、というか、やっぱりそういうものなのかという落胆と共に、ブログを書かれている方に嫌がらせや中傷が届くというケースが非常に多いのにびっくりした。昨日、ブログを訪ねて回ったうちの、4軒ほどもがそういった行為によってコメントやブログ自体を閉められたり、お休みされたりと、私自身もそういった経験があるだけに、それはとても痛ましい。早く心の傷がなおりますように、心から願わずにはいられない。

そこで、今回は「山の花環」ではなく、ラビ・ホフェツ・ハイムというユダヤの賢者の教えを書いた本を、休みの間に久しぶりに読み返してみた。相変わらず、濃い核心的な精神世界がそこにある。その本にも引用されているのが、ヘブライ語で「ミシュレイ」という旧約聖書の「箴言(しんげん)」の言葉。箴言はダヴィデ王の息子ソロモンの言葉であるという見方もあり、そうすると3000年ほど前の話になるけど、人の本質はどうも時間と共に変化・向上するものではないらしい。

ミシュレイ(箴言)から引用:(順不同)
[PR]
さて、いつも楽しい情報を教えてくださる4090さんから、今回も見逃せないお知らせです。

日本の風景をふんわりと描き続けていらっしゃる原田泰治さんの展覧会が行われているそうです。私がクロアチアやナイーブアートを知ったのも、ずっと昔の彼の展示会でした。いいなあ、私も行きたいなあ。

「原田泰治とクロアチアの仲間たち」
2月4日(土)〜3月19日(日)、新宿アイランドウィングの世界遺産プラザにて。詳しくはこちらをどうぞ。

ちなみに、NHK第二放送で2月9日(木)に、原田泰治さん「クロアチア・希望の絵画を求めて」の再放送があるそうです。
f0039021_11330100.jpg



こちらは日本クロアチア協会さんのブログです。クロアチアの情報いっぱい、いいですね~。
[PR]
f0039021_1145127.jpg

Osijekの夜なのかな?
ちょっとクロアチアのイメージとは違った雰囲気ですね。

それじゃあ、どこだと言われたら・・・どこでしょう?
なぜかインドのような気もしないでもなく、
やっぱりどこかヨーロッパの香りも。
個人的には、1月のほうが好きかな。

うーん、載せるものがないからって、
よそさまのカレンダーの紹介というのもちょっとダメかもね。
このすてきなカレンダーの出展どころはこちら

次は何か考えてみましょうー。

何度目かの頓挫中・・・。
冬眠中だから、まあ、いいかっ。
[PR]