<   2006年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

f0039021_20491725.jpg


彼がいなければ
きっと私はこの世に
「私として」生まれてこなかった

しばらく彼の笑顔を見ていないね

そう思っていたら

偶然インターネットの片隅で
彼のこぼれんばかりの笑顔を見つけたよ



遠い街に住むあなた
あと何度あなたに会えるのでしょう

口にしなくても筆不精でも
あなたが私の幸せを願っている

知っているよ



そして私はなによりも
あなたにずっと元気でいてほしい
これからもずっと
あなたの夢を追い続けていてほしい

この地球のどこにいても
そう願っているあなたの娘がいるということを
伝えたい


お父さん、元気ですか?
[PR]
f0039021_5342040.jpg



珍しく街でタクシーを見かけた

と、思ったら
夜のTaxi Station

流しのない街
流しのない国

ちょっと不思議に思った

メーターのデジタル数字を低くして
街を流しはじめたら
もっと便利になるだろうにね


・・・渋滞
・・・苛々

の、ある街


きれいな街路樹
と、空と水・・・

の、ない街

やっぱりこのままいまのまま
流しのない国でいいのかもしれない


[PR]
f0039021_3452364.jpg


なんちって。

More
[PR]
f0039021_2158877.jpg


Hvar島の青い海で
魚と泳ぎ疲れたら

お星様のイワシのマリネ
オリーブオイルとケッパーですっきりしっとり
マリネの向こうの島はツナのパテ


「ダルマチアでは
魚は3度泳がなければならない

一度目は海で
二度目はオイルで
三度目はワインで」


屋上のテラスで
のんびり遅い午後のランチ

そのあとはお昼寝やね~
[PR]
f0039021_6413030.jpg


スプリットの少年サッカーチーム。
小さなころからしっかりとクロアチアしてますね。

ちなみに、W杯、たった今、負けましたね~、クロアチアも日本も。
クロアチア、今回の参戦は思ったとおり、いまひとつパッとせず。

ん、まあ、クロアチアのサッカーはあまり興味がないので、
勝手も負けてもどっちでもええかなあ。とかいうと、
「ほな、なんでクロアチアのブログなんや?!」とか突っ込まれそうですが。

東ヨーロッパのサッカーといえばクロアチアですが、
クロアチアのすべてがサッカーということでもないので。

やっぱりワタクシ、どこに生息していようとも、ニッポンジンでございます。

疲れた時には、クロアチアの食卓によく上るスープでもなく、
なによりもお味噌汁がキューっと体に沁み込みます。
一日に一度は麺類を食べないとなにか満ち足りません。

スポーツがそれほど好きなわけでもないので、
国際マラソンやら、なんやら、はじまってもあまり気にもなりません。

でも、不思議なもので、
テレビの画面に、一生懸命にがんばっているニッポンジンを見ると、
無性にヒノマルの旗をパタパタしたくなります。
ロジックでは語りきれないアツイものを、血の中で感じます。

ブラジル戦での日本、がんばりましたね~。
でもさすがブラジル。日本は受身っぽくて、見ていてハラハラ。
それにしても、あの前半最後の30秒での崩れ方ってなんなんでしょ?

個人的には、玉ちゃんとサンちゃんがステキでした♪
川ぐっちゃんもよく止めてました。
サンちゃんって、日本に帰化していたんですね。知らんかった。
やっぱりワタシ、おさる系統が好きなんでしょうか・・・。ふふっ。
[PR]
f0039021_178467.jpg


彼女がハタチぐらいのころ
まだまだ少女っぽさが残っていた

それから5年ほどがすぎて
気がつけば少女から魅力的な若い娘へと

蛹から蝶へたくさんの恋をしたのかな
オンナって不思議な生き物やなあ

このころがオンナにとって
肉体的にはいちばん華やかで美しい時期かもしれないね
f0039021_1723149.jpg



[PR]
さて、神戸のおやびんから、「回る回るよ、不思議バトン」 が回ってきました。
といっても、2週間以上前だったかも。(忘れててん・・・・わはは、許せ、おやびん!)


【不思議バトンのルールは以下の通り】

◆①~③は回してくれた人の質問に答える
◆④は次の人への質問を3問考える
◆⑤項目目はバトンを渡してくれた人にメッセージ
◆⑥項目目はバトンを回す人3人を紹介


ということで、トットコト~。かなり遅いで出して走ります。
BGMは爆風スランプの「ランナー」、走る~走る~オレタチ~♪♪♪

続きはこちら~
[PR]
f0039021_257185.jpg



「次のタイムマシーンにお乗りの方は、

こちらでお待ちください・・・。

次の停車駅は、1918年です」






[PR]
f0039021_2454744.jpg


今日のクロアチア・日本戦、どうなるんでしょ?

「にっぽんなんてお茶の子さいさい!」とか言われてますが・・・。


今回のW杯とは関係ないけれど、「旧ユーゴ、日本、サッカー、お茶の子さいさい」というキーワードでちょっと思い出した話。

2004年にこのブログで書いた「世界一長い戦争」という、モンテネグロと、アジアの島国ニッポンの、1904年から続いた世界一長い戦争のちょっとした小話。

この世界一長い戦争の終結は、数年前にモンテネグロの元サッカー選手デアン・サヴィチェヴィッチ氏によってサインされたそうですが、今回モンテネグロはセルビアから独立国となって、またまた正式に新しい平和協定のようなものにサインするとかしないとか。ん、まあ、実際に武器を取って戦った記録も記憶もないので、戦争の終結といってもピンと来ませんしね。どっちでもいいような。

モンテネグロは古来、勇敢な戦士の民族として誇りが高く、「世界一長い戦争」で書いたような笑い話も生まれるわけ。でも、日本もサムライと呼ばれた武士の国。戦争でもサッカーでもバルカンの国々に笑われたままというのは、・・・むむむっ。


とりあえず、


がんばれ、にっぽん!

(ジーコ・ジャパンという呼び名は、今ひとつもふたつも好きになれませんが・・・)




(クロアチアのチーム紹介はこちら
[PR]
f0039021_1018357.jpg


パラパラと温かい雨
ひとつひとつの窓の灯りに物語


こんな日は窓のそばで
お茶でも飲みながら

空想しようか
本を読もうか
あの人に手紙を書こうか


インターネットで読む、見る、
紙になった本を手にとって読む、見る、

やっぱりちがうなあ

そこにある、という実在感、というか
紙のにおい、というかぬくもり、というか
そこにあるのは手にふれられる心やね



100のメールと、一枚の手紙、



きゅんっと心に響くのは
癖のある文字が並んだ

一枚の便箋かな




[PR]