<   2006年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

f0039021_69783.jpg


Hvar島の広場を上から眺めていたら
トコトコトコ~

石畳の上を
島の郵便屋さんが通って行ったよ

なんとものんびりやなあ~
一緒に乗せてぇ~



[PR]
f0039021_21364794.jpg


本の「縦書き」と「横書き」についてのアンケートをこちらでしていますので、
ご興味のある方はぜひどうぞ~。
[PR]
f0039021_171928.jpg

f0039021_1721618.jpg



昔はこの家には陸からはアクセスできず
完全プライベート
海からボートで知人や家族が訪ねるだけ

波の音とともに
コンニチハワ サヨウナラ イッテキマス タダイマ
波の音とともに
オハヨウ オヤスミ マタアシタ


今は心ないヨーロッパからの旅人たちが
私が立っているこの丘の上から海まで降りてゆき
勝手に波と戯れて後始末もせずに帰ってゆく

旅人さんたちよ
越えてはいけない境界を知ろう

私も下に見えるビーチへ
どれほど行ってみたかったことか
(誰か背中を押してくれるとよかったんですが、わははっ)
[PR]
f0039021_17534785.jpg

f0039021_17545425.jpg

f0039021_1757102.jpg


Zastava 社のフィーチョ君
60年代から70年代にかけて旧ユーゴ(セルビア)で作られていた
まあるい自動車
オリジナルはフィアット600
今も旧ユーゴの街をトコトコと走る姿に
思わずうれしくなる


子供のころ
まだ道路が舗装されていなかった京都の片田舎で
向かいの家のおじさんが
これと似たすばるかどこかの自動車に乗っていた
ノスタルジックな思い出


革のトランクを上に積んで
この自動車でのんびりと風の吹くまま
ユーゴの平野と紺碧の海を旅をしてみたい

(むかし薬局にいたケロヨンにも似てるような・・・)


[PR]
f0039021_9211917.jpg

f0039021_94662.jpg

f0039021_9264550.jpg


こんな透明ブルーなゼリーが食べたくなった


[PR]
Hvar島でレストラン「Luna」を経営するトミスラヴから、「うふふっ」とメールが届きました。

このブログに彼のレストランの日本語メニューを載せてありますが、
先日、日本からの旅人さんがおふたり、そのメニューのコピーを持参して
「Luna」へいらっしゃったとのこと。
トミスラブの心のこもったHvar島の食卓が、
旅人さんの心のアルバムのあたたかな1ページとなったことを願いつつ。

人と旅と、海と食と、
世界は大きいようで小さくて、
こんなちょっとしたことも、ワクワクと楽しくて。


f0039021_16511796.jpg


トミスラブのおすすめデザート

チョコのテリーヌ
冷たくてサラっと溶けて

横に添えられたカラメルも
どこかお祭りのべっ甲飴を思い出しました。
[PR]

f0039021_1853563.jpg

マリアを訪ねていった時のこと
ザグレブの市場で買った花を持って

f0039021_18544421.jpg


「Hvala!(ありがとー)」

マリアはうれしそうに切花を花瓶に入れて
そこに熱いお湯をそそいだ

「えーっ!マリア、それ、お湯!お湯!」

「お湯でいいの!お湯で!」

クロアチアでは切花にお湯を注ぐ
注がれた後で花が、シャキッ!とするんだって
水に入れるよりも、長持ちするんだって

世の中、まだまだ知らないことばかり

f0039021_1853136.jpg




[PR]
f0039021_190449.jpg

いかにも地中海の味、アーティチョーク(朝鮮アザミ)になすびのグリル(冷たい前菜風)



続きを読む?
[PR]
f0039021_634195.jpg

世界遺産の街スプリットの守り神、聖ドゥイエの塔

いつかは登ってみようって・・・・
[PR]

f0039021_19462647.jpg


f0039021_1945459.jpg



あっちを向いている白鳥の背中
そっ、と触ってみたよ

ふわっ、ぽんっ、

真っ白で
水をはじいて

ぽんぽんぽん

なんでみんな羽毛がいいっていいうのか
わかったよ



ザグレブの公園で


(そんでもって、画面がもうー、黒くて暑っ苦しいので、しばらくは夏用にしてみました。
きっとまた変わると思うけど。ぷぷぷっ。飽きっぽくていかんね~。)


[PR]