<   2008年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

歩き回ってのどが渇いて、
キオスクに立ち寄る

Juice
Coca Cola
Ice Tea

f0039021_22543411.jpg


Cafeに入る

Juice
Coca Cola
Tea
Coffee


「緑茶があったらなあ。」

きっとみんなもそうだと思う

だから帰国した時は
駅のホームの、
Tutayaの前の、
本屋の前の、
自動販売機で、
角のコンビニで、
「アリガトウゴザイマシタ」
緑茶がうまい

今日、
のどが渇いて
bio&bio の奥の棚。

・・・あれっ
いや、まさか・・・
でもやっぱり読めるよね?
なにかの文字が逆さだっただけじゃなくて

「チェリオ」

ちぇ、り、お、
って読めるよね?!


「有機 緑茶」

ちがう、
中国語じゃないよね?!


「う、・・・わああああー!!!」


そーよそーよ、外人さんよ、
あんたたちにはわからない
東欧の小キャピタルの街角で
この瞬間がどんなに奇跡に近いかって
店の奥でひとりダンスする


Bio & Bioの奥で見つけたチェリオ
甘い苦い故郷の
懐かしい味がした
f0039021_22552142.jpg

[PR]
f0039021_22521487.jpg

ひょっ、と足を踏み入れた中庭への入口。
こんなものを見つけた。

f0039021_22524596.jpg

米軍ジープ
upper town, zagreb 2008/03
[PR]
f0039021_22292370.jpg

くろあちあにはふつうのこぢんまりしたCafe、
まあいってみれば日本では見かけなくなって
死語になりつつある個人営業の「喫茶店」と、
それとは別にカヴァナ(kavana)という
広々としたCafeがある。

華やかさがあるカヴァナが好き。
足が勝手にそちらに向かう。

のんびりかふぇ時間のウィーン風の高天井、
年配のプロのウェイターにウェイトレス。

落ち着きがあっていいね。
年配のお客もよくみかける。


今日のカヴァナは
「ちいさなカヴァナ」という名の
共和国広場の「Mala Kavana」。

80年代ともそれ以前とも
いつの時代かわからない内装に、
ちょっとタイムスリップ。

壁を覆う観葉植物は
「えっ・・・?」
びっくり、本物、大逆転。
どこかふしぎなCafeやなあ。

注文したのは、
さくらんぼのケーキとクリーム珈琲。
さっぱりと甘みを感じないクリーム三昧。
ケーキのスポンジもふんわり、シフォンみたいな柔らかさ。
珈琲もしっかりとほろ苦い。

☆の数はトータルで ☆☆☆☆。
☆が一つ足りないのは、
うーん、なんでかな。
今回は「どうしてもここ!」
な決め手が見つからなかったからか。
だったら次回は、なにかほかの発見があるかもね。


メニューはデザートのほかに、
ベジタリアン・サンドイッチ、
モツァレラとバジルのサンドイッチ、
各種紅茶、珈琲、ソフトドリンク、アルコール類など。
カヴァナではこういったちょっとした軽食のみ。

Mala Kavana
address:
Jelacic Square in Zagreb, Croatia.
[PR]
by adriatic-sea | 2008-03-31 22:28
f0039021_22263088.jpg


トラムの灯り
テールランプが家路を急ぐ
サマータイムがはじまった日の夕暮れ

ちょっと、なぜか、どこか、
きゅーんと切ないね
[PR]

f0039021_22244096.jpg


空ブルー
煉瓦オレンジ
薄汚れ壁の白
錆び
年輪

光りと影

華やかな建物の裏の
けっして美しくない
そんなところに、

そんなところだから、
もっと美しい



好きな空間。
共和国広場裏 zagreb, 2008/03
[PR]