<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧


f0039021_15314696.jpg


クリスマスのイチニチ前
プレゼントを抱えたひとたち
いつもより忙しそうに行き交うトラム
街のざわめき

そして
クリスマスがおわって
少し穏やかな日常

・・・かな?
[PR]

f0039021_575845.jpg

[PR]
ザグレブの胃袋
ドラツ市場の上で

f0039021_2046100.jpg


ハイホーハイホーハイホ—♪

いや、曲が微妙にちがうと思いますが・・・
ってなツッコミ満載のサンタさんたちがゆかいに
歌いながらやってきた。

More
[PR]
f0039021_1484140.jpg

サンタさんも立ち往生

おい、おまえ後ろ押せよな、
おれ、前押すからさ、

うれし楽しのクリスマス子供列車
イェラチッチ広場の駅の手前でプシュプシュプシュ—・・・
エネルギー切れ
うんともすんとも

よっこいしょー、さー、どっこいしょー、
サンタさんが押して行ったよ

f0039021_14211989.jpg

角の安売りスーパにだってサンタはいたよ
チョコマフィン、今日はお安くなってますー

f0039021_14221446.jpg

歌っちゃおう!
シアワセがやって来る〜♪

f0039021_14224418.jpg

おとうさんとおかあさんのいない子供たちにも
ちゃんとプレゼントは届くんだよ

イェラチッチ広場の大きなツリーの下
ほら、ちゃんとここから
君のところへも届くから大丈夫だよ


街角に愛がイッパイのザグレブ、
いいね〜。
一年中こうだったらもっといいかもね〜(笑)。
[PR]
f0039021_14343869.jpg

路面電車がねー、
すっかりツボなイリツァ通り。
ザグレブのメインストリート。

f0039021_14351614.jpg

夏の顔とは別のヒト。
イェラチッチ広場はクリスマス色。
毎夜、子供たちやすてきなほのぼのコンサートが開かれてるよ。

f0039021_14355023.jpg

ゴルニグラドの聖マルコ教会前にだって、
ぽつん、
誰も知らないクリスマスツリー。

冬のザグレブ
一度来てみて。
これぞザグレブ、ほんとうに美しいよー。
[PR]


美しいなー

きゅーん

f0039021_119856.jpg


☆がキラキラ

ちいさなきゃぴたるザグレブの
吐く息も白い12月のズリニェヴァツ公園。

この公園の中央にある、
ロマンチックなミュージックパビリオン(つまりは東屋ね。笑)は
1891年に Eduard Prister という
地元のユダヤ人の資産家によって寄付されて以来、オペラが講演されたり、
今日もザグレブ市民の憩いの場として愛されているよ。
それに春も夏も秋も冬もこの公園でもこの屋根の下でも、
一年中、若いひとたちの愛のささやきが聴こえてくる。
いいねー。ロマンチック。
この公園大好き!

この屋根の下にいつかメリーゴーランドを置くのが夢かな?(笑)



ーーーーーーーーーーーーーーーーー

ちょっとオシラセ、デス。
もう知っている方も多いと思いますが、
今年、イスラエルのエルサレムから
このザグレブに引っ越して来てからしばらくが過ぎました。

引っ越して来てから
思いがけないような様々なカルチャーショックを通過して、
そう、ここで遭遇する現実と夢のギャップに、
以前のようにここで夢を追い求めるのはちょっと難しくなっていました。

だから観光情報を載せてみたり、
もうひとつの裏話ブログを書いてみたり、
あれこれ試行錯誤の回り道。
そのおかげでか、
もともとの「なるようにしかならないさー」な性格が幸いしてか、
また以前のようにクロアチアに対する温かい思いを綴るブログが
続けられそうなキモチになりつつあります。
クロアチアの夢をこれからも見続けていけたらなあ、
そんなキモチでここを再開したいと思います。

以前のように頻繁な更新はできないと思いますが、
どうぞ気長に、スローなクロアチアモードでおつきあいくださいね。
これまでどうもありがとう。
そしてこれからもどうもありがとう。

チカ
[PR]