タグ:ザグレブ ( 215 ) タグの人気記事

f0039021_1944761.jpg


こんなにスッキリ青く晴れているのにね。
今週はどうやら氷点下が続きそう。

金曜の予報はすごいぞ、
最高気温−4℃、最低気温ー12℃。うっはー。

だけど、それぐらいもまたキリリッといいかもしれない。←外に出なければね。(笑)

そうしてこんな冬の青い空に流れる雲のように、
新しいアイデアなんかもぽ〜んと浮かんで消えて、また浮かんで。
まあ、いいんじゃない。
とりあえず今をひとつひとつがんばろう。



人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
f0039021_66893.jpg


ひらひら、雪の華が静かに降る夜。
バルコニーに積もったはじめての、
白くて冷たい物体に瞳ピカピカの銀次郎。

一年中、そうだといいのにねって思うぐらい、
この街は雪が似合うね。

ねえ、銀ちゃんもそう思うでしょ?


そして、シクラメンの花が美味しいって、
この雪の夜はじめて知った銀ちゃんでした。
くーし&たんたんに続き、君もか・・・。花食い猫たちめ。



人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
f0039021_1971840.jpg


久しぶりにドラツの市場に行った。

「あら〜、やっと帰って来たの!」
「クロアチアへようこそお帰り〜!」

途端にお店のおばさまがたからそんな声をかけられて、チョット驚いた。
この町でも少しずつ受け入れてもらえてるってことかもしれないね。
だけど、勝手なもんでこっちは、あ〜京都が恋しいなぁ〜んて思ってた矢先。
だからそれはそれでまた少し複雑だったりもするから困ったもんだ(笑)。


京都とザグレブ、このふたつの距離をもっともっと縮めたいゾ・・・。



人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]

f0039021_21284969.jpg


思い描いていたイメージぴったりの、
くるぶしほどまで在る黒のロングコートを昨日偶然見かけて、
ザグレブの冬のセールも終盤ギリギリで、半額で買った。
今冬のお買い物はコレでオワリかな。

毛皮屋さんのショーウィンドー前。

「あれほしいねん〜。どう〜?」
「へ〜、ええんちゃう〜?でもここセールせーへんなあ」
「そやねん〜。でも欲しいなあ〜」
「がんばってへそくり貯めよし〜」

そんな溜め息まじりの声が聴こえて来そうなお二人の後ろ姿に、思わずiPhoneを取り出した。
あらら、くるり、・・・う、間に合わなかった・・・。そんな市場からの帰り道の今日の風景。


人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
f0039021_6521583.jpg


トラムに乗って老人ホームに行く途中に、こんな公園がある。
緑の季節はそうでもないけど、こんなにお日さんがさし込んでいても、
真冬はどこか物悲しくて、
とおってもそれがどこかユーゴスラヴィアっぽいとおもってしまう。

こののっぽな木々たちはみんなどこか勝手で無骨だ。
取っつきにくいけど、人はわるくない。

その木々の間をカサカサ、音をたてて子犬が通り過ぎて、
その後を手を後ろに組んだ男が黙ったまま、ニコリともせずに静かに重く歩いてゆく。

そんな光景が浮かぶ。

今日は昨日よりも寒くて、キーンッと冷たくて、
ホームの行きも帰りも、路上の氷は融けないままだった。


人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
f0039021_23421041.jpg

放置するのも甚だしいってことで。(>_<)

f0039021_23423728.jpg

一月ももう半ばですが。

f0039021_2343919.jpg

明けましておめでとうございます。2012年もどうぞよろしくおつきあいのほどを。

f0039021_23433610.jpg

ただ今、ザグレブです。といっても来月半ばまでですが。

f0039021_2346193.jpg

その間、ちょっこっと、冬のこの街を楽しんでみようと思います。


昨年12月の写真展にいらしてくれたみなさま、ブログにてコメントをくださったみなさま、本当にありがとうございました。


人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
その街のことを知ろうとするとき、その街の古いモノクロ写真を見るのが好きだ。昔の、行き交う人たちの衣装、看板、道、建物、それが移ろって現在に続いて、ああなるほどって、なんだかじわっと愛しさも湧いて来る。ザグレブ市の目抜き通り、イェラチッチ広場から西に伸びたイリツァ通りの風景、ほぼ同じ場所を2011年と1906年で見てみよう。

2011年。
f0039021_23481088.jpg

1906年。
f0039021_23452585.jpg

2011年、もういっちょ。ちょっとアングルを変えてカラーで。
f0039021_23455571.jpg


この100年で一見かなり変わったようで、実はそれほど変わってないような(笑)。でも街の雰囲気がオーストリア帝国風から社会主義っぽく実用的な感じになったかもしれない。建築物では左の一軒目がビルになり、あらま、その次の建物の塔がなくなって外観のロマンチックな飾りもすっきり消え失せ簡素に。右の一軒目はほぼそのままで、2軒目はデパートに建て変わった。そんないくつかの変化はあるものの、実はその当時の建築物も多く残り、スカイラインはあまり変化なし。あ、そこは京都みたいだ(笑)。

f0039021_10263316.jpg一番の大きな変化はというと、やっぱり乗り物。現在ザグレブ市内を網羅する路面電車だが、1906年当時は公共交通機関は馬車だった(1891年9月5日開業)。一頭の馬が1日平均26〜28キロ走ったそうだ。その後1910年に初めての路面電車がザグレブの街に登場し、馬車はすべての路線が完成した1937年に廃止となった。

そして、まったく変わってないこと、ふたつ。道幅。そして、今も昔も変わらず同じような場所で垂れ幕式に広告が吊るされてる不思議。そっかー、これは100年たっても変わらないんだーっ、なんだか妙にかわいくてクスッと笑ってしまった。もしタイムスリップできたなら、馬車でこの1906年のザグレブの街を走ってみたいな。

(追記。馬車の写真、付け足しました。)

人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
f0039021_2333339.jpg


おお?!っと横断中に気がついて、
思わず立ち止まってパシャリ。

車道のど真ん中でカフェ。

なーんか落ち着かんゾー。
一方通行だし夕方から一般車両通行止めとはいえ。

すっかり陽射しも秋なザグレブです。


人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
f0039021_249517.jpg


線路の上を爽やかな青色の路面電車が、通行人すれすれに滑ってゆく。その前や後ろを、なに食わぬ顔で買い物客が横切る。おなじように自転車も通り過ぎてゆく。その自由さがいいな、過保護じゃなくて。

ユーゴスラヴィア時代に遡っても無賃乗車があたり前だったこの街の電車。時が流れクロアチアという国になった今もそれは変わらない。車内の黄色い打刻機に自発的に乗車券を突っ込む乗客以外は、表向き、定期を持ってる人や無料のシニアだったりだ。

その日、ザグレブ大でのワークショップを終えて友人たちと電車を待っていた私は、薄いブルーのストライプのシャツを着ていた。電車が停車しドアが開くと珍しくたくさんの人が押し合いながら急いで降りて来た。ぶっちゃけ「なんでこんなとこで?」と首を傾げるような郊外な感じの駅である。それから私たちを乗せた青色の電車が走り出すと、いやにチクチク視線が刺さる。ここじゃアジア人もパンダも同じレベルで珍しい。だから慣れっこだから気にしない。すると、ちょっと離れたところで友人たちが、ぐわっはっはっ!と笑う。

「わかったわかった、原因はあんたのそのシャツだね!」

シャツ?

窓から次の駅で佇む群衆の中にブルーのシャツを着た人たちの姿を見ると、車内にピッキーン、緊張が走る。サッと乗客の表情が固くなる。ヤバい・・・すぐ降りなきゃ、ヤバい。

抜き打ちで車掌たちが乗ってくるのだ。無賃乗車犯を捕まえるために。捕まったら罰金だもん、みんな、よーいどんっ!すばやく車掌さんの乗って来るドアを避け、向こから降りる構えの体勢にはいる。プシューッ、ドアが開き、「ZET」の刺繍文字が左胸に輝く車掌さんの薄いブルーの縦縞シャツ。その日の私のシャツはそれととてもよく似ていた。そっか、それでみんな勘違いして「ヤバッ!」一斉に降りたってことらしかった。お騒がせして済まんのー(笑)。

去年のクリスマス頃に改正を担当したクロアチアのガイドブックが発売になったすぐあと、この界隈の無料乗車サービスがあっけない終りを告げた。・・・あらまっ。どうやら赤字改善せず、ということらしい。こんな風にクロアチア事情はぐるぐるくるくる、目まぐるしい。

ということで、どうぞ観光でザグレブに来られる日本のみなさま、無料区間はとっくの昔になくなってますので、無賃乗車でお縄にならないよう、路面電車ではいつも用意万端、構えの体勢で。ぢゃなくて、チケット、買って乗りましょう。えっ、私はどうしてるのかって?それは秘密です。




人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]
f0039021_23324387.jpg


海のないザグレブの海、ヤルン湖で、ふと見上げた夕焼けの空。
ちょうどお日さまが西の向こうに落ちていったころ。

ほんとにきれいだったよー☆




人気ブログランキングへ
読みついでにクリックしてもらえるとうれしいカモ。
[PR]