f0039021_21482511.jpg

こんな窓に出会ったよ。
レースが夏の海風に揺れて、
おばさんがにっこり笑った。「入って、入って、」
ん?なんやろ?
だから旅が好き。こんな出会いにわくわく心が躍る。
とにかくおばさんの言うまま、開けっ放しの玄関からおじゃますることにした。


*もっと多くの人にクロアチアを届けたいから、
→人気blogランキング
[PR]
f0039021_734638.jpg

どんな歴史が重ねられ、
どんな人が今そこに住んでいるのだろうね。
こんなバルコニーの家に住めたら、

・・・夢かな?

世界でもっとも美しいバルコニーのひとつだと思うのに、
どうしたらその美しさが伝えられるのか、
横から撮っても前から撮っても、
こんなダメダメ、まったくダメなんだ・・・。
と、いつも、がっくりするのです、の巻き。

*もっと多くの人にクロアチアを届けたいから、
人気blogランキング
[PR]
f0039021_647995.jpg

何気ない窓からのぞく電灯の灯りに胸がきゅんっ。

この灯りの下で食事をするのはどんなヒト?
どんな家族?
なにしてる?
幸せかな?

オレンジの灯りに
そんな夢と現実の境界を行ったり来たり。


人気blogランキング
[PR]

ちまたではもう11月
冬の足音もコツコツコツ

だけど常夏のクロアチア
決して寒い冬は訪れない

f0039021_12523411.jpg

なーんて、わたしの心の中でだけれど

ドブロヴニクの城壁から覗いた窓のむこうも
夏の碧い空と海だった
[PR]
f0039021_0563237.jpg



おかげさまで、回復しました
またよろしく~


静かなセピアの世界
パッ!と色のある世界


どっちもいいなあ


f0039021_112648.jpg

[PR]
f0039021_257185.jpg



「次のタイムマシーンにお乗りの方は、

こちらでお待ちください・・・。

次の停車駅は、1918年です」






[PR]
f0039021_1018357.jpg


パラパラと温かい雨
ひとつひとつの窓の灯りに物語


こんな日は窓のそばで
お茶でも飲みながら

空想しようか
本を読もうか
あの人に手紙を書こうか


インターネットで読む、見る、
紙になった本を手にとって読む、見る、

やっぱりちがうなあ

そこにある、という実在感、というか
紙のにおい、というかぬくもり、というか
そこにあるのは手にふれられる心やね



100のメールと、一枚の手紙、



きゅんっと心に響くのは
癖のある文字が並んだ

一枚の便箋かな




[PR]
f0039021_20543395.jpg

ちょっといめーじちぇんじ
小さなきゃぴたるの屋根裏部屋で
やっぱりBlueがいいな、クロアチア



[PR]
f0039021_957597.jpg
ザグレブの丘の上の小道の門を開けると工房がある。

工房の隣にはライラック、雪柳、こぶしが咲いて、
田舎のようなほんわりやさしいのどかな空気が流れるているよ。
まるで秘密の花園。
f0039021_956362.jpg



[PR]
f0039021_2291767.jpg

[PR]