タゴールの詩 (うた)

f0039021_0362087.jpg



森の樹木の墓場で

ある生命の静かな終わり




こんな透明な水に包まれて

新たなる再生へ



それもいいかな









f0039021_0365932.jpg





「死は生に属する 生誕がそうであるように

歩行とは 足を上げることであると同時に

足を下げることでもある」

         

    タゴール「迷える小鳥」268節

[PR]